【速報】米国が中国を為替操作国に指定~ネットの反応「ガチで殺りにきた」「安倍さん、これで増税は危ういよ」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

6日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、心理的な節目の2万円をうかがう展開が見込まれる。米中間の貿易摩擦が激化し、5日は世界同時株安となった。ダウ・ジョーンズ通信は日本時間7時前に「米財務省が中国を為替操作国に指定した」と伝えた。世界経済の悪化への警戒から投資家心理が冷え込んでおり、きょうも売りに押されやすい。外国為替市場で円相場が1ドル=106円前後の円高水準にあるのも懸念材料だ。

5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に5日続落した。前週末比767ドル(2.9%)安の2万5717ドルと下げ幅は今年最大を記録した。
トランプ米政権が中国製品に対する追加の制裁関税発動を表明したのに対抗し、中国政府が米国産農産物の輸入停止を発表したことなどが嫌気された。

対ドルの人民元安が1ドル=7元を超えて進み、制裁関税の影響を緩和するために中国政府が人民元安を容認しているとの見方が広がっている。
米中の対立激化が意識され、5日はハイテク株の比率が高い米ナスダック総合株価指数やフィラデルフィア半導体株指数(SOX)も急落した。

日経平均は5日に366円下落し、2万0720円と6月4日以来およそ2カ月ぶりの安値で終えた。チャート上では、心理的な節目である2万円や1月に付けた年初来安値(1万9561円)まで目立った節目は見当たらない。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06H4M_W9A800C1000000/

管理人
ネットの反応
名無し
現在進行形のリーマンを超える経済危機で消費増税凍結でウレP
名無し
札束で殴り合う経済戦争が始まったな
名無し
中国は変動相場制にしてないんでしょ?
名無し
ドイツ銀行大丈夫かねぇ
名無し
ガチで殺りにきた
名無し
これ「リーマンショック級」ってやつじゃね?
消費税増税中止かな?
名無し
安倍さんこれで増税は危ういよ
名無し
これリーマン級だろ
下手したらリーマン以上だぜ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする