【朝日メタタグ事件】『日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録』 ケント・ギルバート (著) 山岡鉄秀 (著)  慰安婦最重要の訂正記事2本だけを英語圏の読者に読ませないようにしたのか? 12月20日発売!

この記事をシェアする

日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録

内容紹介
・教科書「書き換え」誤報(1982)、サンゴ捏造記事(1989)、吉田清治証言(1982~92)、慰安婦と挺身隊混同(1991)、首相訪韓直前「軍関与資料」報道(1992)、吉田調書(2014)、英語版記事の印象操作・検索回避問題(2018)……一貫して日本を貶め続けてきた
・朝日新聞との7回の直接対話で見えてきた“真の闇”とは?
・なぜ誤解を生む表現にこだわり、最重要の訂正記事2本だけを英語圏の読者に読ませないようにしたのか?

「本書所収の朝日新聞の回答は、同社の本質を研究する上での第一級資料です。
日本という国と日本人を貶(おとし)めるためなら、手段を選ばず、不都合な問題を隠し通す。
これまで幾度も同じパターンの報道不祥事を起こしてきた故意犯・確信犯の体質が、彼ら自身のことばで余すところなく語られています」
(「はじめに」より)

著者について
ケント・ギルバート
1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。米カリフォルニア州弁護士、タレント。
1983年、テレビ番組『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。
近年は企業経営や講演、執筆活動も行う。

山岡鉄秀(やまおか てつひで)
1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。
2014年、豪州ストラスフィールド市において、中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。
子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCN (Australia-Japan Community Network)を結成。
2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。

日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする