日本経済新聞「もう堤防には頼れない。安易な公共事業は慎むべき。国頼みの防災から転換を」~ネットの反応「こんなの元々両輪だろ」「具体策は一つも提言出来ず文句だけは百人前w」「コンクリートから人柱へw」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

首都を含む多くの都県に「特別警報」が発令され、身近な河川が氾濫する事態を「自分の身に起きうること」と予期していた市民は、どれほどいただろうか。
近年、頻発する災害は行政が主導してきた防災対策の限界を示し、市民や企業に発想の転換を迫っている。

2011年の東日本大震災は津波で多数の死傷者を出し、防潮堤などハードに頼る対策の限界を見せつけた。
これを教訓に国や自治体は、注意報や警報を迅速に出して住民の命を守る「ソフト防災」を強めた。
しかし18年の西日本豪雨でその限界も露呈した。気象庁は「命を守る行動を」と呼び掛けたが、逃げ遅れる住民が多かった。

堤防の増強が議論になるだろうが、公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ。
台風の強大化や豪雨の頻発は地球温暖化との関連が疑われ、堤防をかさ上げしても水害を防げる保証はない。
人口減少が続くなか、費用対効果の面でも疑問が多い。

西日本豪雨を受け、中央防災会議の有識者会議がまとめた報告は、行政主導の対策はハード・ソフト両面で限界があるとし、「自らの命は自ら守る意識を持つべきだ」と発想の転換を促した。

南海トラフ地震や首都直下地震に備えるには、津波の危険地域からの事前移転や木造住宅密集地の解消など地域全体での取り組みが欠かせない。
それを進めるにも市民や企業が「わがこと」意識をもつことが大事だ。

個別対策でも同様だ。運輸各社は計画運休により首都圏の公共交通をほぼ全面的に止めた。
災害時にいつ、だれが、何をするか定めた「タイムライン」は被害軽減に役立ち、それが定着し始めたのは一歩前進といえる。

もし上陸が平日だったら企業活動や工場の操業にどんな影響が出たか懸念が残る。
企業がテレワーク(遠隔勤務)などを真剣に考え、経済活動を維持する工夫も欠かせない。
(編集委員 久保田啓介)

「もう堤防には頼れない」 国頼みの防災から転換を
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50958710T11C19A0MM8000/

管理人
ネットの反応
名無し
防げる保証ないから何もするなと?
じゃあ防災対策なんて全部無駄じゃん
津波避けようと木造密集解消しようと
もっとでかい災害きたら死ぬんだが
民間→対策しろ、政府→対策すんなって
どういう基準で言ってるのよ
名無し
具体策は一つも提言出来ず文句だけは百人前w
名無し
こんな頭の悪い記事をよく平気で書けるな
名無し
この馬鹿どもが、いかにパソコンの前に座っているだけで仕事をした気になっているか
ということがよく判る駄文だな。
実が何一つ無い。
名無し
具体的処方箋を示さず、安易に批判する事は慎むべき
名無し
コンクリートから人柱へw
名無し
思いつきで喋るな
名無し
こんなの元々両輪だろ
名無し
要約「日本人は抵抗せず死ね」
名無し
なんで一択なんだよ
名無し
先進国の中で公共事業費が減ってるのは日本だけなんだが
名無し
具体的に言えよ

名無し
だからって、堤防作るなとかアホか
逃げないやつは自業自得だが、堤防作るなとか頭いってるわ
名無し
堤防を高くしても無駄とか馬鹿すぎる
高くすればするほど決壊までに避難する時間稼ぎができるだろ
名無し
今回ほど堤防の存在を感じたことか
堤防なかったら想像もつかない被害だったろうに
名無し
コイツラが住んでる家の周りのインフラを転換して国頼みじゃなくせ話はそれからだ
名無し
堤防で守られた地域のほうが圧倒的に多いのに
なんだこの糞記事は。どんな馬鹿が書いたんだ?
名無し
え?ノーガードで死ねと?

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする