【天才】スーパー中学生誕生!開成中学校3年の上原直人くん プログラミング言語わずか数週間で開発、U-22プログラミング・コンテスト2019~ネットの反応「こういう子は、東大行ったらつぶれてしまうな」「早くアメリカに渡るべき」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

 「もっと人間にとって扱いやすい、自分の言語をつくってみたかった」。10月20日に東京の秋葉原コンベンションホールで開催された第40回「U-22プログラミング・コンテスト2019」の最終審査会で、見事、経済産業大臣賞(総合)を受賞した開成中学校3年の上原直人さん(15歳)は、独自プログラミング言語「Blawn」を発表した。IT業界の経営者など、並みいる審査員を驚かせたのは、完成度の高さはもちろんのこと、今年8月からわずか数週間で完成させたスピードだった。一次審査の応募期間7月1日~9月2日に着想から開発、完成まで一人で仕上げたという。

C言語を使ったのは今年7月
 それまでPythonを使っていたという上原さんは発表の中で、「今年の7月か8月にC++を始めたが、扱いにくかった。もっと可読性の高い構文とメモリの安全性や速度を高めたいと思った」と、開発のきっかけについて語った。

 質疑応答で審査員から、「7月にC++を使ったということは、Blawnはそれ以降につくられたということですか?」と聞かれて、上原さんが「7月中旬に構想して構文解析を行って、プログラムを書き始めたのは8月ごろ」と答えると、会場にどよめきが起きた。文句なしの受賞だった。

 上原さんは、ほかにもスポンサー企業のデジタルガレージとサイボウズ2社の賞と、当日の模様を配信したニコニコ生放送の視聴者による賞など4冠を達成した。

 Blawnの特徴は、型名の記述が一切不要、構文の可読性が高い、すべての関数/クラスがC++でいうところのテンプレート関数/クラス、コンパイル速度と実行速度が速い、メモリが安全などだ。

 また、Blawnの言語名は「Blue Lawn(青い芝)」からもじったもので、隣の芝が青く見えるほど、既存の言語の不満を解消できるような良い言語にしたい気持ちを込めたという心憎い演出もあった。


以下ソース先で

2019/10/21 17:05
https://www.bcnretail.com/market/detail/20191021_142131.html
https://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/user/201910211613_1.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
この子の母ちゃん頭良さそう
名無し
ある言語が使いにくいから別の言語を作ろうって発想になるかな。面倒だけど理解して使えるようになった方がC++くらいだと汎用性あるしお得だと思うんどけどな。
名無し
コンテストの題材に選んだだけだから、一般的な考え方から切り離す必要があると思う。
名無し
ほー
脳の構造が違うんだろなー
日本語しゃべって日本的思考なのに
英数字でプログラミング言語発想って
凡人のオレからしたらとてつもない事に感じる。
人間性はどうなんかね。
名無し
この子はへたしたらうちの子よりも賢い可能性があるな
名無し
ワロタ
名無し
ときたまこういう天才がでるけど、プログラムなら相当な社会貢献ができそうな業種でいいな
藤井君を将棋界に留めておくのはちょっと損失が多すぎる気がする
参謀本部に招集して元帥候補として育てるべきなのではないだろうか
名無し
二十歳過ぎればただの人
名無し
たぶんそうはならんと思うよ
名無し
ええ 凄いなぁ
天才ってこういう子のこと言うんだろうな
名無し
容姿がそのまんまだよな

名無し
せっかくの逸材をIT土方になんかするなよ
名無し
末は博士かハッカーかw
名無し
ビル・ゲイツに匹敵する逸材だろ
名無し
早くアメリカに渡るべき
日本にいたら才能が死んでしまう
名無し
こういう子は、東大行ったらつぶれてしまうな
名無し
この子、わしの生まれ変わりな
名無し
早く成仏してくださいね
名無し
つか、C言語すら2週間程度でマスターしたのかよ
驚愕だわ
名無し
>もっと可読性の高い構文とメモリの安全性や速度を高めたいと思った

オマエラは、「可読性」と言う言葉を初めて使ったのは何歳の時よ
おれは40代になってからだ
名無し
ゆとり教育の成果です
と寺脇研と前川喜平が主張しそう
名無し
よくわからんけど、ただの人にならずに、世界に羽ばたける天才になって欲しいな

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする