政治

【毎日新聞】「お答え控える」安倍政権の答弁、「悪夢の民主党政権」の4倍 12年105回が19年420回に~ネットの反応「つまりどうでもいい質問が4倍に増えたのかよwww」「つまり、野党議員が東京新聞の望月記者レベルってことだよ」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

最近の国会を見ていて、ふと気づいた。安倍晋三首相以下、閣僚や官僚までもが、野党などの質問に「お答えは差し控える」と、答弁や説明を拒む場面が激増しているのだ。「桜を見る会」の問題でも聞き飽きたこのセリフ、どのくらい発せられたか? 調べると「悪夢の民主党政権」(安倍首相)もかすむ驚きの実態が明らかになった。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

「説明拒否」の12パターン

 国立国会図書館は、衆参両院の議事録をインターネット上で公開している。読者もパソコン、スマートフォンでご覧いただきたい。
 国会で、政府が国会議員の質問について説明を拒む時、主に①お答えを差し控え……②回答を差し控え……③答弁を差し控え……――の3パターンがある。「コメントは差し控え……」もあるが、これは説明よりも、意見・感想を求められた時に使うことが大半で、今回は除外した。
 さらにその3パターンの中でも、「お答えを」「お答えは」「差し控え」「控え」といった四つの言い回しがあるから「3パターン×4」の計12パターンになる。
 そのすべてについて、政府側(大臣、副大臣、政務官と、特別職を除く現職官僚)が、説明を拒む意味でこれらの言葉を使った回数を▽2019年(12月5日現在の議事録公開分まで)▽第2次安倍政権が初めて国会論戦に臨んだ13年▽旧民主党の野田佳彦政権時の12年――で調べてみた。
 つまり、何かと物議を醸すことが多い安倍政権の物言いだが、「答弁拒否」を一つの指標として、その政治姿勢を数値で可視化してみよう、という試みだ。

続きはソースで
毎日新聞 2019年12月17日 06時00分
https://mainichi.jp/articles/20191216/k00/00m/010/253000c

管理人
ネットの反応
名無し
つまりどうでもいい質問が4倍に増えたのかよw 毎日新聞にディスられる野党www
名無し
暇だな毎日変態新聞のおじさん
名無し
なら、なんで野党が国政選挙で6回も負けんの?
悪夢と回答拒否は「 = 」で繋がらないからだろ?
名無し
そんだけ野党の質問がくだらないってこった。
答えないといけないような質問なら、この回答は通らないわけなので。
それに、そもそも民主党政権よりずっと長い政権なわけで、回数で比較しても意味ないと思うんだけどな。
名無し
馬鹿らしくて相手できないをやんわり言ってるだけ
名無し
まあそーだよな
名無し
糞野党が糞質問とかクイズ大会ばかりするからだろ
名無し
つまり、野党議員が東京新聞の望月記者レベルってことだよ
名無し
野党がつまらん質問ばっかしてるから答えたくても答えられないのでは?
名無し
今の野党相手じゃしかたない
変に揚げ足取られちゃ面倒くさくて叶わんだろ
名無し
任期期間が違いすぎて単純に比較できないし質問の内容だって違うだろ
バカな印象操作だな
名無し
回数なんかどうでもええねん
何を聞いたのか内容を書けや
名無し
つまり、どうでもでも良い事を四倍以上喚いて国会運営の邪魔をしてるだけと

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-政治
-, , , , ,

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.