<#テレビが絶対に報道しないニュース>父親と一緒に米国に不法入国した7歳の少女が亡くなった事件 父親のコメント「対応してくれたアメリカ当局に感謝し、自分たちの扱いについて何も不満はない。むしろ娘の命を助けようとしてくれた最初の応対が有り難かった」

この記事をシェアする

雨雲 🌧
‏@N74580626

父親と一緒にアメリカに不法入国した7歳の少女が不幸にも亡くなった事件。父親のコメント。

「対応してくれたアメリカ当局に感謝し、自分たちの扱いについて何も不満はない。むしろ娘の命を助けようとしてくれた最初の応対が有り難かった」

反トランプの皆さん、不都合ですか?

※関連ニュース

中米のグアテマラからアメリカへの入国を目指して家族とともに国境を越えた7歳の少女が、アメリカの当局に拘束されたあと体調不良を訴え、死亡しました。移民に対して厳しい姿勢をとり続けるトランプ大統領への批判が一層高まりそうです。
アメリカの主要メディアによりますと、死亡したのは中米グアテマラ出身のジャクリン・カールちゃん(7)です。

西部ニューメキシコ州のメキシコとの国境近くで、今月6日、不法入国したとして、少女と29歳の父親は、ほかの移民の集団160人余りとともにアメリカの国境警備当局に拘束されました。

その後、少女はおう吐などの症状を訴え、40度以上の高熱を出し、2日後に病院で死亡したということです。

死因はわかっていませんが、アメリカの当局は「拘束前の数日間、飲まず食わずだった可能性がある」としています。

ホワイトハウスのギドリー副報道官は14日、記者団に対して「悲劇的な状況だ」と述べ、哀悼の意を示した一方で、「合法的に入国していれば防げたはずの死だ」として、トランプ政権には責任はないという認識を示しました。

一方、野党・民主党は「これは人道危機だ。かよわい家族たちが安全に入国することを認める道義的責任がわれわれにはある」として議会で追及する方針で、国内の人権団体からも非難する声が上がっています。

トランプ大統領は、メキシコとの国境の壁の建設に強い意欲を見せるなど不法移民に対して厳しい姿勢をとり続けていますが、少女の死をきっかけにトランプ大統領への批判が一層高まりそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181216/k10011749131000.html

管理人
ネットの反応のTwitterのほうでどうぞ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする