東アジア

新型肺炎 SARSの変異種か 遺伝子情報が近似 香港大の研究チーム「患者の特徴も類似」〜ネットの反応「SARSに近いならかなりの死者が出るだろう」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

中国湖北省武漢市から感染が広がっている新型コロナウイルスによる肺炎について、香港大の研究チームは25日までに、同市で感染した患者からウイルスを採取して全遺伝情報(ゲノム)を解析したところ、コウモリが宿主である重症急性呼吸器症候群(SARS)関連のウイルスに近かったと発表した。
患者の症状などの特徴もSARSに似ていた。論文は英医学誌ランセット電子版に掲載された。

 SARSは2002年から03年にかけ、中国広東省から世界に流行。ウイルスの宿主はキクガシラコウモリ類とみられている。
今回の患者のウイルスは、15年から17年に浙江省舟山市で捕獲された同類の一種から初めて見つかったSARS関連のコロナウイルスに最も近かった。

新型肺炎ウイルス、コウモリのSARSに近い 患者の特徴も類似 香港大

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000066-jij-sctch

管理人
ネットの反応
名無し
じゃ薬作りやすいんじゃね
名無し
ヘビじゃなかったのか?
どの情報が正しいんだよw
名無し
コウモリ食べた蛇?
名無し
SARSってワクチンあったっけ
あるなら朗報か?
名無し
SARSに近いならかなりの死者が出るだろう

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-東アジア

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.