政治 東アジア

中国・武漢のバイオハザード実験室(中国科学院武漢P4実験室)に対して、2018年にフランス当局が、野生動物から"世界最凶病原体"を抽出して研究する中国政府の目的(生物兵器?)を懸念して抗議していた

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

機械翻訳

フランスのメディアが中国とフランスの武漢ウイルス研究所のP4協力プロジェクトを爆発させて論争を引き起こす

武漢を起源とする新しいコロナウイルスは中国全土で猛威を振るっており、急速に海外に広がっています。フランスのチャレンジウェブサイトは、P4ウイルス研究所の建設における中仏協力に関する「フランスと中国の危険な関係」の内容を公開しました。このプロジェクトは、リヨンにあるメリルのP4研究所の「ボックスインボックス」のテンプレートに従って、中国が構築するのを支援することです。中国のメディアでは「ベルトと道路」のモデルと呼ばれています。今日、武漢P4研究所は中国の急性感染症の予防と管理のための科学研究拠点であり、重度の病原体の寄託センターと重度の感染症のWHO参照研究所でもあります。

チャレンジウェブサイトの記事は、フランスが世界的なウイルス研究の分野でトップの国であることを指摘しました.1999年、フランスはリヨンにヨーロッパ最大のウイルス研究センターを設置しました.2003年、中国科学院は中国政府が中国に同様のウイルス研究センターを開設することを支援することをフランス政府に提案しました。要件。中国のウイルスセンターは感染症の発生と戦うことができるが、一部のフランスの専門家は、中国が化学兵器の開発にフランスが提供する技術を使用することを心配しているため、中国の要求はフランス政府とフランスのウイルス専門家の間に違いを引き起こした。深刻な警告が政府に提出されました。

しかし、当時のラファリン首相の支持を得て、中国とフランスは2004年のシラクの中国訪問中に最終的に協力協定に署名しました。フランスは、中国がP4ウイルスセンターを構築するのを支援しますが、この合意では、北京はこの技術を攻撃活動に使用できないと規定しています。協定は署名された時点で物議をかもし、ラファリンはかつて次のように述べた。「両国政府の首脳は協力協定に署名したが、政府は結局それを阻止した。

フランス国家安全保障局は、フランスのリヨンにある建築設計会社であるRTVが元々研究所のエンジニアリングを担当していたと指摘しましたが、2005年に中国は正式に武漢の現地設計会社IPPR(Zhongyuan International Engineering Co.、Ltd.)同省の調査によると、IPPR設計研究所は中国軍の下位部局と密接に関連しており、これらの部局は長い間米国中央情報局の監督の対象でした。前述のセキュリティ上の懸念と合意の実施における繰り返しの遅延、ならびに2008年の中国とフランス間の外交危機により、これは2017年まで武漢P4ウイルスセンターの公式運用につながりました。当時のフランス首相のベルナール・カゼヌーヴは、研究室の打ち上げ式に出席しました。

Wuhan Virus Laboratoryは、エボラ、コンゴクリミア出血熱、ニパウイルスの 3種類のウイルスに関する研究を行っています。

研究所は、国際的に広まっているウイルスの特定を支援するためにパートナーの研究所に公式に含まれるには、WHOの認証も必要です。研究所は当初、2020年にWHOによって認証される予定であり、研究所は完全に機能するようになりました。

フランスは中国がP4研究所を建設するのを助けるべきですか?中国は当初のコミットメントを維持していますか?武漢P4研究所の長がプロジェクトがアジアと世界がより効果的に流行と戦うのを助けると確信している場合、フランス政府は上記の見解に同意しません。政府関係者は記者団に対し、中国は10年以上の協力の過程で公約に繰り返し違反していると述べ、例えば、中国は武漢に1つの研究所のみを建設することを約束した。また、非常に疑わしいラボもあります。

http://www.rfi.fr/cn/%E4%B8%AD%E5%9B%BD/20200125-%E6%B3%95%E5%AA%92%E6%8F%AD%E9%9C%B2%E5%BC%95%E5%8F%91%E4%BA%89%E8%AE%AE%E7%9A%84%E4%B8%AD%E6%B3%95%E6%AD%A6%E6%B1%89%E7%97%85%E6%AF%92%E5%AE%9E%E9%AA%8C%E5%AE%A4p4%E5%90%88%E4%BD%9C%E9%A1%B9%E7%9B%AE

※関連ニュース

元記事公開日:2015/02/01抄訳記事公開日
元記事の言語:中国語
2015/03/19

2015年2月1日付の「中国科学報」ネット版は、「中国初のバイオハザード実験室—中国科学院武漢P4実験室が竣工した」と報じた。本記事ではその概要をまとめる。

ウイルス·微生物の研究は伝染症の予防、コントロールと治療の最も重要な基礎である。1月31日、中国科学院武漢バイオハザード実験室(P4実験室)の竣工は、中国の強病原体の研究·利用のハードウェアを持つことを示し、中国の衛生サービスシステムの建設にとって新たな一章を開くものであった。国内初の最高レベルのP4実験室として中国衛生システムの建設と世界健康安全の保障に重要な役割を果たすだろう。

武漢P4実験室の袁志明主任は、「P4実験室はウイルス学の研究用の大型の施設であり、バイオハザード実験室として最もレベルの高いものである。国際慣例として、強いウイルスの研究はP4(物理的封じ込めレベル4)タイプの高度な安全性を持つ実験室でしか行わなわれない。2003年、中国でSARSウイルスが大流行し、中国政府は同年7月にP4実験室の建設を決意し、10年余りを経て世界最先端のP4実験室を完成した」と述べた。

武漢P4実験室は、フランスのリヨンP4実験室の技術と設備を導入しており、中国とフランスが共同で設計したものである。

武漢P4実験室の竣工は新たなスタートである。中国科学院の白春礼院長は、「われわれは改革·イノベーションの発展の道を堅持して、更に管理体制の改革を深化し、武漢P4実験室がトップレベルのビッグサイエンス研究センターになるように努力する」と語った。

国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター
[JST北京事務所] https://crds.jst.go.jp/dw/20150319/201503194980/

P4実験室が稼働開始、危険ウイルスの研究条件が整う

※画像はサイエンスホータルチャイナより

https://spc.jst.go.jp/news/180101/topic_4_04.html

※関連記事

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-政治, 東アジア

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.