琉球新報「ゲバ文字の立て看やデモが規制されて息苦しくなった」~ネット「ゲバ看板が立ちまくってる方が息苦しくね?」「本気で言ってる…マジで凄いなコイツラ」

この記事をシェアする

京都の南座が約3年ぶりに再開場した。正面には歌舞伎役者の名前を書いた「まねき書き」が並ぶ。「勘亭流」という独特な筆書きで、これを見ると冬の到来を感じさせる

▼勘亭流とは違うが、学園紛争が盛んな頃は「ゲバ文字」や「全学連漢字」と呼ばれる文字が立て看板に躍っていた。
マス目いっぱいの独特の字体で、「闘争」を「斗争」、「労働」を「労仂」、「職業」を「耺業」と略すのも特徴的だ

▼かつては都内でも「ゲバ文字」の立て看をよく目にした。
ある大学は道路に面して威圧感のある文字が掲げられていたが、今では一掃されて見違えるほどだ。
景観は良くなったものの、何だか「らしさ」がなくなった感じがしないでもない

▼京都大学が5月、サークルの勧誘やイベント告知などで大学の外壁にかけられた立て看を撤去した。
京都市から屋外広告物条例違反と繰り返し指導されたためだ。
設置場所を限定する新ルールを適用した。京大名物の立て看の撤去は「表現の自由を脅かす」と論争にもなっている

▼東京都の新宿区は8月、デモで使える区立公園を4カ所から1カ所に減らした。
音量や交通規制で住民に配慮したというが、「デモは迷惑行為か」との議論もある

▼何とも息苦しい。立て看もデモも自分には関係ないと思っているうちに、いつか身の回りが規制だらけということにもなりかねない。

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-830810.html

※ゲバ字 Wikipedia

1960年代の学生紛争当時、大量のビラを作成するのに謄写版が使われていた。そのため、筆跡で身元が割れてしまう可能性があり、公安警察や敵対党派の追及をかわすために開発されたものといわれている。また、謄写版では細かい字が出にくいため「闘」を「斗」、「職」を「耳厶(=𫟉[1])」と簡略化したり、遠目から見ても字が潰れにくいように枡目を一杯に使って書かれている。ビラの他に立て看板や党派のロゴとしても使われた。
それとは別に、戦前の無産政党や共産党が使っていた書体からきているという説もある。
1960年代の学生運動でよく使われたが、学生が社会人になる1970年代以降はあまり使われなくなった。2000年代以降も使われており、パソコンなどで利用できるゲバ文字フォントも存在するが、書いた内容に関係なく「運動」っぽさが出てしまうので利用できる場面は限られる。
「闘」を「斗」と略すなど、ゲバ字で使われた略字は当時「全学連漢字」とも呼ばれた[2]。本来日本語として誤りであるが、社会人になってもゲバ字に特徴的な略字を使う人がおり、一部から批判されつつも日本語として定着している[3]。

管理人
ネットの反応
名無し
ゲバ看板が立ちまくってる方が息苦しくね?
名無し
はい
名無し
>デモは迷惑行為か?
はい。
名無し
デモ禁止の地域を拡大したのは民主党政権の頃なんだよなあ
名無し
なんで規制されるのかわかっとらんのな
名無し
御茶ノ水の坂とかゲバ看板が無くなって格段に雰囲気良くなったよな
名無し
本気で言ってる…マジで凄いなコイツラ
名無し
本当に書いてて草
なんなのこれw
名無し
ゲバ文字書いて闘争なんてイキってた奴が記者なのか
そりゃマスゴミ化するわけだ
名無し
この記事に同意する人間いるのか?
名無し
あんな気持ち悪いものに愛着持てるなんて奇特な奴等だ
名無し
むしろスッキリして空気がうまいが
名無し
普通の日本人の日常に慣れてくださいよ。
紛争地帯のゲリラ生活じゃないんだから。
名無し
>ある大学は道路に面して威圧感のある文字が掲げられていたが、今では一掃されて見違えるほどだ。
>景観は良くなったものの、何だか「らしさ」がなくなった感じがしないでもない

いや、元々そんなもの無かったワケだし・・・w
名無し
威圧感ある看板がある方が息苦しいだろ馬鹿も休み休み言え
名無し
ゲバ文字の「らしさ」なんて一般市民は要らねーよ
身内だけで使ってろや
名無し
規制じゃなくて、廃れただけだろw
名無し
害悪な新聞だってことが
改めて分かったわww

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする