報復か 中国、カナダ人の上訴審公判を29日に開くと唐突に発表 死刑判決の可能性~ネット「報復の冤罪?」

この記事をシェアする

【12月27日 AFP】中国東北部、遼寧(Liaoning)省の高級人民法院(高裁)は26日、麻薬密輸の罪に問われているカナダ人男性の上訴審公判を29日に開くと発表した。

 高裁はカナダ人男性の身元についてロバート・ロイド・シェレンベルク(Robert Lloyd Schellenberg)被告としており、大連(Dalian)市政府の情報サイトによるとシェレンベルク被告は「大量の」麻薬を密輸した罪に問われているという。

 中国では麻薬密輸罪には死刑が言い渡される可能性もあるが、今のところカナダ外務省はこの件に関してコメントしていない。

 今月に入ってカナダで中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟(Meng Wanzhou)最高財務責任者(CFO)が米国の要請で逮捕された後、中国ではカナダ国籍の男性2人と女性1人が拘束される事態となっており、両国関係は緊張している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3204338
2018年12月27日 17:24

管理人
ネットの反応
名無し
最近の情勢から見ると「いつ逮捕されたのか」も重要な情報だと思うけど、「すでに逮捕済み」の被告人でも人質カードになりうるわけだな。
名無し
報復の冤罪?
名無し
中国で麻薬の密輸したら無条件で死刑だろ?
かわいそうにこのカナダ人助からないね
名無し
中国や東南アジアでは麻薬密輸有罪=死刑だから
気をつけろよ
名無し
カナダは在中カナダ人の退去や中国入国への危険度をあげるとか
していないのか。

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする