映画の撮影スタジオに中国高官を入れ検閲させるハリウッド 言論団体が自由の危機に警告~ネットの反応「ハリウッドって、ここまで中国共産党に侵食されてるのかよ…」「どうりでハリウッドセレブ(笑)達がトランプを悪者にしたがる訳だ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




言論の自由を掲げるNPO団体「ペン・アメリカ(PEN America)」はこのほど、米ハリウッド業界は巨大な中国市場での商業的成功のために、ますます中国共産党の検閲を受け入れるようになっていると指摘する。中国から具体的な要求がない場合でも、中国側は映画配給会社や製作者とのビジネスの取引の上で、自発的な「自己検閲」を行なっている。


カリフォルニア州ロサンゼルスにある、米映画界の代名詞であるハリウッドのロゴ(GettyImages)

「ハリウッド製、北京検閲済み(Made in Hollywood, Censored by Beijing)」と題された報告によれば、ハリウッド業界の関係者は、映画作品に中国共産党の意見や決定がますます反映するようになってきていると語る。中国企業による映画の上映を条件にしたり、場合によっては、映画監督らは直接中国政府の検閲官を映画セットに招き入れて「検閲に引っかからないようなアドバイス」を聞くこともある。これらは表現の自由を侵害している、とペン・アメリカは指摘する。

「物議をかもすハリウッドの妥協は、中国当局からの強烈な圧力の結果だ。検閲の受け入れは静かで、通知もなく、議論もないことがある」という。

ハリウッドで中国関連の映画を手がけるプロデューサーの楊華沙(リサ・ヤン)氏は、ボイス・オブ・アメリカの取材に対し、物議を醸すような事態になるかどうかのは、二国間で表現に関する「根本的な違いによる」と指摘する。

「米国では、さまざまな意見や立場があり、どんな立場や視点でも、声を大にして発言したり、議論したりする。そして当事者が支持者の数に応じて判断する」。しかし、こうしたプロセスが、ハリウッドと北京間の対立では起きていないという。

今、中国共産党側の圧力にハリウッドが妥協することが定着するようになった。中国政府や投資家を喜ばせることが、ハリウッドでビジネスを行う際の慣例になってしまったと報告書は指摘する。

ハーバード大学フェアバンク中国研究センターの客員研究員で、北京電影学院の元教授である郝建氏はVOAに対して、ペン・アメリカの報告内容に同意すると語った。

「長い間、統制と検閲を行った結果、多くのハリウッドスタジオは、中国の映画市場を意識するようになった。自分たちの表現に赤ペンを引き、中国の歴史や現実に関するいわゆるセンシティブなテーマや話題を意識的に避けるようになった。たとえば、1950年代後半、何千万人もの人々を餓死させた大躍進の失敗、1989年天安門民主化運動を弾圧し、人々を虐殺した天安門事件、文化大革命などはタブーとなっている」

ペン・アメリカの報告の主著者であるジェームズ・タガー氏によると、特にスタジオが多額投資する映画では、中国での成功が映画の商業的成功につながることが多くなっているという。タガー氏は、外国映画が中国市場に参入できるかどうかは、中国政府が受け入れるかどうかにかかっており、北京のルールを遵守しているかどうかで決まると指摘する。中国政府が台詞や役者、シナリオが気に入らなければ映画は放映されず、政府を喜ばせなければ、あるいは政府を怒らせても、映画は成功しないという。

「運良く」中国市場で承認されたとしても、理由もなく突然放映中止された例はある。 2013年に中国で『ジャンゴ・アンチェインド』が上映された際、国家放送映画テレビ総局(SARFT)がすぐに中止するように指示した。上映期間はわずか1日だけで、理由も説明されなかった。

中国の批判的な映画に出演したために、作ったことのために北京の政府によってブラックリストに入れられた注目すべき映画の星はシャロン・ストーン氏、ハリソン・フォード氏、リチャード・キール氏など。

(中略)

ハリウッドと中国共産党の政治問題が露呈したのは1997年だった。ハリウッドは、北京の繊細な政治神経に触れた3本の映画を公開している。マーティン・スコセッシ監督のディズニー映画で、ダライ・ラマ14世の半生を描く『クンドゥン』、ブラッド・ピット主演のマンダレイ・エンターテイメントによる、同じくダライ・ラマ氏と登山家の交流を描いた『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は、中国共産党が軍事侵略によってチベット国を侵攻した内容が含まれる。リチャード・ギア主演のMGM『レッド・コーナー』は、中国共産党政権の強権を批判する内容がある。

(翻訳編集・佐渡道世)

https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/60737.html




管理人
ネットの反応
名無し
頭イカレてるな支那は
自国でそれをやるなら万歩譲って解らんでも無いが
アメリカに乗り込んで検閲するとか
狂気の沙汰だわ
名無し
資金不足やリスク回避に中国マネーを当てにするから
どうしても弱味がある
名無し
この間ハリウッドとGAFAは公聴会に賭けられたな。
トップは中共には忖度してないって苦しい言い訳してたが、今度から支那ロビーの登録しろって言われてたわw
名無し
リチャード・ギアみたいに骨のある役者で支那を徹底的にディスる映画を撮れば受けるぞ。
名無し
ハリウッドはファッション左翼だから
名無し
ハリウッド映画なんて魅力ねえしな
チンクに媚びなきゃいけない程落ちぶれてざまあですわ
名無し
ハリウッドって、ここまで中国共産党に侵食されてるのかよ…
名無し
どうりでハリウッドセレブ(笑)達がトランプを悪者にしたがる訳だ
名無し
不自然なほど中国人が配役されてるのをよく見る
名無し
日本のテレビ局も同じように支那の検閲団体に全番組を検閲させてるんだっけ
名無し
NHKはそう
名無し
具体的には避けるけど
なんでそこで中国?中国人?みたいな演出があると白けるわw
名無し
中共に屈して金儲けに走るのも「自由」だもんな
日本はどうなってるんだろう
名無し
テレビ朝日のアナウンサーが暴露してたように、日本のテレビ局も全番組を支那の検閲団体に検閲させてるぞ
日テレのeveryのニュースで支那の面白おかしいニュースをワザと流して親近感持たせ用途してるのも検閲してるからだろ

関連記事
テレ朝・小松アナが衝撃発言「ウイグル問題は我々メディアも非常に扱い難い問題。中国当局のチェックも入りますし、我々報道機関でウイグルのニュースを扱うのはタブーとされてきた」~ネットの反応「暗に日本のメディアは中国共産党の検閲下にあると告白してるわけだ」

名無し
赤いハリウッドかよ こりゃダメだ シナ宣伝映画やんw




名無し
ハリウッドは既に中共に乗っ取られてんだろう。
ハリウッド映画がつまらなくなった一因だな。
名無し
香港映画も同じようにつまらなくなったな。
名無し
パヨちん「アメリカでは政治的発言をしても問題視されない、干されたりしない!それに比べてニホンハー」
 
中国に批判的だとあからさまにハリウッドで干されるよね
名無し
いずれハリウッドも中共との取引は出来なくなる
ハイテク分野での締め出しが始まったが次は金融
そして映画、ゲームなども規制される
中共と関わる個人や組織は一律に排除されるだろう
事実上の開戦状態となる
名無し
普段トランプ独裁を非難してる意識高いハリウッドのセレブたちはチベット問題や香港については言及しないのか
名無し
トップガン2でトムクルーズのジャケットの日の丸と台湾国旗を赤白のナゾマークに変えてるのは笑った
 
トップガン好きだけど見に行かない
名無し
金欲しさにいいなり。日本もだけどな




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.