【産経新聞】戦争語り部『日本への引き揚げのさなか、衰弱した1歳の妹と母親に泣く泣く毒を盛った』~ネットの反応「その毒物、どこで手に入れたんや」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




 「75年前の8月、僕の戦争は始まった」。こう話すのは京都市伏見区の元京都市職員、村上敏明さん(85)。第二次世界大戦前、一家で満州に移住し、現在の吉林省四平市で終戦を迎えた。日本への引き揚げのさなか、衰弱した1歳の妹と母親に泣く泣く毒を盛った壮絶な過去を持つ。戦後75年がたち語り手が減るなか、戦争の風化を危惧し、「悲惨な体験を若い世代に伝え、警鐘を鳴らす務めがある」と話す。(井上裕貴)

 村上さんは昭和9年、京都府亀岡市に生まれた。「満州に行けば給料が倍になる」と一家は13年に中国・大連にわたり、その後、満州に移住、父親は現地の物流会社に勤めた。

 16年に開戦しても、戦争を実感することはなかった。近隣都市が空襲を受けても、四平は平穏だったという。

 「戦時中も小学校に通い、オーケストラの演奏を聞いたり、普段通りの日常を送っていました」

 ところが、20年8月9日、ソ連軍が満州に侵攻すると働き盛りの男性は徴兵され、当時10歳だった村上さんもソ連軍の空襲に備え、北の空を監視する任務に就いた。すぐに終戦を迎えたが、徴兵された父親はシベリアに抑留された。

 翌年、国共内戦が始まると、四平は連日戦火にさらされた。「ある日、砲撃で家の窓が割れて、破片が炊き立てのごはんに入って、食べられなくなりました」と振り返る。

 7月になると、残留日本人の引き揚げが始まり、村上さんも母親と7歳と4歳の弟、1歳の妹と帰還しようとしていた。だが、旅に耐えられない子供やお年寄りは「足手まとい」になるとして、殺すことになっていた。衰弱していた妹も例外ではなかった。

 出発の数日前、5、6人の男が自宅を訪れた。水薬を渡され、言われるがまま母親に抱かれた妹にスプーンで飲ませると、妹はほどなくして息を引き取った。

 「無言劇のようだった。妹の黒い瞳がにらみつけていたのだけを覚えている」

小さな亡きがらを自宅近くに土葬し、一家は引き揚げ船の出る葫蘆島(ころとう)を目指した。残留日本人はすし詰めの貨物列車で移動した。道中、母親は「芙美子(ふみこ)、芙美子」と妹の名前を呼びながらうなされていたという。

 葫蘆島に着く頃には、母親は妹を亡くしたショックで弱り入院した。ある日、医者からいつもと違う白い粉薬を渡され、母親に飲ませると、すぐに意識を失い動かなくなった。

 死因は「結核性肋膜炎」とされたが、大人になってから医者から渡された薬が致死性の毒薬・青酸カリだったことを知った。「当時は何も分からなかった。医者に食ってかかることができていれば…」と悔やむ。

 母親を埋葬し、弟2人と3人で引き揚げ船に乗ったが、1カ月の船旅の記憶はほとんどないという。9月に長崎・佐世保に入港し、汽車で京都・亀岡の母親の実家にたどり着いた。帰還後、弱っていた7歳の弟もすぐに亡くなった。

 自責の念からか、喜怒哀楽を表に出すことができなくなっていた。壮絶な体験を誰にも語らず、中学校卒業後は京都市職員として働いた。

 重い口を開いたのは退職後の約10年前。戦争を知らない世代に自らの悲惨な経験を語り継ぎ、二度と同じ道を歩ませてはならないと感じたからだ。「世の中を知り、自分で考えるのが将来の暮らしにつながる。過去の教訓を黙って消し去るわけにはいかない」と決意を語る。

 村上さんが住むマンションにはいつからかフヨウ(芙蓉)の花が咲く。村上さんは、この花を亡き妹、芙美子さんだと思って「不幸な時代に生きたあなたの犠牲の上に僕は今生きている。子や孫に語り伝え、共に未来を考えていけるよう頑張らなくては」と語りかけている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e6d1bb332e743013a5f6dc11c357135d693d75




管理人
ネットの反応
名無し
基本的にこの手の話って全部嘘松っぽい
名無し
これな
名無し
極限状態で色々あることは想像できるけど嘘臭さが隠せてないんだよ
名無し
盛ってるところはあるにしても基本嘘じゃないと思ってるよ。
自分は二度と戦争に負けてはいけないという教訓だと思ってこういうのは読んでいる。
名無し
嘘松とは言わないまでも思い出補正とか色々そういうの混じってて盛ってそうとは思う
名無し
その毒物、どこで手に入れたんや
名無し
何で昨年まで出なかったのかね
名無し
産経新聞も朝日や毎日、東京新聞なんかと全く同じ論調でワロタww
名無し
何で大人になってから知ったんだよ
名無し
だったに違いないと言う思い込み
名無し
どうやって何年も経ってから青酸カリって知ったの?
名無し
コナンで見た
名無し
産経だからどうこう言ってるやついるけど、むしろこういう報道毎年しながら特アを批判しない左派メディアの方が矛盾してるだろ
名無し
戦中派のかまってちゃんが、この手の盛った話をこれから流布さけるんだろうな
名無し
妹の時も母親の時もその時は毒と認識していなかったようだが
それでも「泣く泣く毒を盛った」と言うのか?
名無し
創作戦争物としかおもえんなあ
名無し
まぁ真面目な話記憶は作られる物だからな
たとえ本人が信じていてもこんだけ時間が開けば当然事実とは遠くなる




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.