【速報】米国、9月20日からTikTokを禁止に 米商務省が発表~ネットの反応「さあ、日本どうする?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




日本経済新聞

TikTokとWeChatの提供20日から停止 米商務省が発表

【ワシントン=鳳山太成】米商務省は18日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「ウィーチャット」の米国内での提供を20日に禁止すると発表した。大統領令に基づく措置で、米企業への売却がまとまらなければ利用を禁じる方針を明確にした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64075340Y0A910C2EA2000/

機械翻訳

商務省は今朝、モバイルアプリストアに対し、人気のあるソーシャルメディアアプリ「TikTok」と「WeChat」を削除するよう求めると発表した。新規ユーザーはこれらのアプリをダウンロードすることができなくなり、既存ユーザーは携帯電話にインストールされている既存のアプリを引き続き利用できるが、新たなアップデートのインストールは認められない。また、商務省は米国内でのWeChatを通じた決済取引も禁止している。

禁止令は9月20日(日)に発効する。

これらの決定は、8月6日にトランプ大統領によって署名された行政命令に沿ったもので、TikTokとWeChatのそれぞれの所有者であるByteDanceとTencentは、国家安全保障への懸念を理由に、政府が製品へのアクセスをブロックする意向を通知した。

その行政命令は、TikTokのシャットダウンを回避するために、ここ数週間の熱のこもった取引を促した。今日現在、オラクルとウォルマートと思われる会社は、ホワイトハウス、財務省、バイトダンスと交渉を続けており、大統領が納得するような取引ができるようにしている。また、中国はTikTokの売却を承認する権限を持っています。

ここ数週間、政権は「クリーンネットワーク」として知られる政策を推進しており、アメリカの技術を支えるアプリケーションやクラウドインフラへの外国からの干渉を排除することを目的としています。この政策では、特定のアプリの削除、米国のユーザーデータを米国に陸上に持ち込むためのデータ主権、「クリーン」な機器で構築されたモバイルネットワークインフラ、そして米国市民のための「クリーン」なコンピューティング環境を構築するための他の多くの施策が求められています。これらの政策は大まかには書かれていますが、明確なターゲットは中国であり、政権当局者の演説に基づいています。

一晩で発表されたアプリの削除は、TikTokとWeChatだけではありません。インドでは、同国で最も人気のある決済アプリの1つであるPaytmが、"ポリシー違反を繰り返した "としてGoogleのPlayストアから削除された。このアプリは毎月数千万人のユーザーを抱えている。同国は6月下旬にも、中国企業が開発したアプリ59個のうち、TikTokを含む禁止対象となるアプリのリストを発表していた。

TikTok and WeChat will be banned in the U.S. from Sunday




管理人
ネットの反応
名無し
あれORACLEは…?w
名無し
トランプだからギリでひっくり返しても驚かない
名無し
日本も追随することになるのか?
名無し
まあ信用問題になるからな
名無し
さあ、日本どうする?
名無し
いいぞいいぞ
日本も続けー
名無し
中国が黒人暴動を扇動するツールだろ
いいぞ日本も続けー
名無し
マジで戦争だな
名無し
全面的に支持する




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.