「内閣府、新婚生活に60万円補助へ」⇒補助対象は極めて限定的ですのでご確認下さい⇒ 1. 現時点で全国で260市区町村のみ(東京都内の自治体は無し) 2. 婚姻日の年齢が夫婦とも39歳以下 3. 世帯年収が540万円未満

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




「内閣府、新婚生活60万円補助へ」について 「結婚新生活支援事業」の対象地域を確認ください

藤田孝典 | NPO法人ほっとプラス理事 聖学院大学心理福祉学部客員准教授
9/21(月) 6:29

「内閣府、新婚生活60万円補助へ」に対する誤解

結婚したら60万円もらえるのか。

Twitterで「60万円補助」「世帯年収540万」「偽装結婚」などがトレンド化するなど話題を集めている。

どうやら内閣府が発表した「結婚新生活支援事業」に関する支援拡充策への反応らしい。

早速、この補助金は使えますか、私たちは補助金の対象になりますか、という問い合わせが複数ある。

注意していただきたいのは、この制度にはもともと極めて限定された対象設定がされているということだ。

結論から先に言えば、ほとんどの世帯は支給対象外である。

それにもかかわらず、以下の記事でも「内閣府、新婚生活60万円補助へ 少子化対策で倍増、条件も緩和」とタイトルを付けてしまっているので、結婚したら補助金がもらえるのではないか、と期待を煽ってしまっている。

※以下、要約

対象は「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、新たに婚姻届を出した夫婦

(1)婚姻日の年齢が夫婦とも39歳以下
(2)世帯年収が約540万円未満

などの条件に当てはまれば、60万円を上限に補助を受けることができる

「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村は全国では260市区町村しか選定されていない。
ちなみに東京都内で選定された自治体はひとつもない。

「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村

内閣府
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/meeting/hojokin/h30/pdf/chirashi.pdf

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20200921-00199290/




管理人
ネットの反応
名無し
やはり氷河期世代はハブられてるなw
名無し
少ない
この十倍で良い
条件は日本国籍のみにしろ
名無し
偽造結婚とかやらせそうなんだけど
そういう対策はしてんのかな
名無し
今年来年結婚したやつらは「スガ婚」とか名付けられるんだろ
名無し
結婚離婚を繰り返したら何度も貰えるのか
名無し
田舎の町村ばっかりだな
名無し
村おこし事業じゃねーか
名無し
で、10万円おかわり早よ
名無し
世帯年収の要件は地方なら余裕でクリア出来るな
名無し
なんだこれ結婚できない真の弱者には何もなしか

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.