「日本語がコロナ対策に有効である可能性が高い」という研究結果〜ネットの反応「クソワロタw でも着眼点は面白いw」「これが本当なら、東北弁に感染者が少ないのも頷ける」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




シューベルトの「魔王」の一部を、ドイツ語で歌った時より日本語で歌った時の方が飛沫(ひまつ)の数は少なく飛ぶ距離も短かった―。
信州大教育学部音楽教育コースの斉藤忠彦教授(56)が近く、こんな実験結果を日本音楽教育学会で発表する。
あくまでプロの男性声楽家1人による比較で飛沫数には個人差がある、としながらも「日本語は飛沫が少ない言語の可能性がある」と推測している。

 7月、空気中のちりなどが撮影できる微粒子可視化システムを備えた新日本空調(東京)のクリーンルームで実験。
信大准教授でバス・バリトン歌手の田島達也さん(53)が魔王の冒頭の語り手パート18小節を約30秒歌い比べた。
粒径0・5マイクロメートル以上の飛沫の数は日本語が少なく、最大飛距離は日本語が約0・6メートルなのに対し、ドイツ語は1メートルだった。

 田島さんの発声で日本語の仮名を発音した時の飛沫の数や勢いの違いも調べた。
「か」「た」「て」「と」「だ」「ど」「ぷ」「ぺ」「ぽ」の発声で比較的勢いのある飛沫が見られ、その他の多くの仮名では目立たなかった。
「あ行は飛沫が飛びにくい。日本語は母音のあ行を含む発音が多いから飛沫が飛びにくいのかもしれない」と斉藤教授。

 プロとアマチュアでも違うのか―。声楽家の女性とそうでない女性が童謡「富士山」の後半部を歌ったところ、
声量はプロが上回ったが、飛沫数はアマチュアの方が多かった。
「飛沫は声が大きいと多いとも限らない。声の出し方などで個人差がある」とみている。

 これらの実験は学校教育での合唱指導の参考になるデータを得ようと、
不織布マスク、ガーゼマスク、布が胸元まで垂れた合唱用マスク、フェースシールド、
マウスシールドをそれぞれ着けた場合の飛沫の飛び具合の差を調べるのに合わせて行った。
この調査では、何も着けずに歌った場合に出る粒径0・5マイクロメートル以上の飛沫数を100%とすると
フェースシールドは56%と最も捕捉力が弱く、不織布マスクが10%と最も高性能。
ガーゼマスク、合唱用マスクはともに29%、マウスシールドは28%だった。

 斉藤教授は「フェースシールドは飛沫の拡散防止には向かないと実感したが、かといって不織布マスクも息苦しい。
マスクを活用しつつ短い曲を選んだり、大きな声を強いたりせず無理なく人と声を合わせる喜びを味わえるといい」。
一連の調査結果について「データは少ないものの、興味深い内容が出たと思う」としている。

日本語は飛沫少ない? 「魔王」ドイツ語と歌い比べ 信大教授実験
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200922/KT200919FTI090002000.php




管理人
ネットの反応
名無し
左様でござるか
名無し
何いってんの?
名無し
破裂音が少ないっていう意味では「感染しづらい言語」ってだけ
そもそもマスクしてれば問題ない
名無し
イグノーベル賞狙うのやめろ
名無し
俺も街歩くとき日本語で魔王歌ってるわ
感染症対策にめっちゃオヌヌメ
名無し
クソワロタw でも着眼点は面白いw
名無し
東北で感染者が少ないのは、破裂音が少ないのと
会話文が短くて、飛ぶ唾の量が絶対的に少ないんだろうな
 
カタカナ語が飛び交う東京が多いのは、その逆だからかね
名無し
これはでも以前から指摘されてたね
中国語はアレですわ
名無し
中国人は真横でも大音量で話しすぎ、とくにオッチャンオバチャン
あれは言語関係なく飛ぶと思う
名無し
英語中国語は威嚇音が多いから、飛沫が多く飛ぶのは確かだよ
名無し
東北の方言とか、更に口を開けずにしゃべる傾向があるから、感染者が少ないのもうなずけるわな
名無し
日本(にっぽん)
 ↓
日本(にほん)
 
これがコロナに強い日本語
名無し
もう手話でしゃべればいいよ
名無し
関西弁は飛んでそう
名無し
東北弁最強か
名無し
生活習慣の全てが感染症対策
それが日本
名無し
日本で感染が一番少ない地域の方言を標準語にしよう
東京はダメだ
名無し
茨城弁はどうだッペ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.