【メルケル来日】ドイツ、今まで中国に依存⇒自国企業が買収される⇒技術流出に警戒感⇒今後は日本と関係を深めたい考え~ネットの反応「日本と同じでワロタw」「なんだこの、被害者の会結成の動きw」

この記事をシェアする

前文略

ドイツはこれまで、アジアにおいては、経済的な観点から中国との関係を重視する傾向にありましたが、近年、先端技術の流出などへの懸念が高まっていて、今回の訪問で日本と中国との間でバランスを取りたい思惑もあるとみられます。

中国に警戒感の一方 日本との連携に期待

貿易立国のドイツは、近年、巨大市場を抱える中国との関係を強化することに力を注いできました。

ドイツ政府は、中国との間で、首脳や閣僚などが一堂に会する「政府間対話」をほぼ毎年行っていて、メルケル首相の中国訪問は2005年の首相就任以来、11回に上り、日本訪問の4回を大幅に上回っています。

また、貿易面での中国への依存も進んでいて、3年前からドイツの最大の貿易相手国は、アメリカに代わって中国になりました。ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは、世界全体の販売台数の約4割を中国市場が占めています。

ただ、ここ数年、中国企業によるドイツ企業の買収が急増していることをきっかけに、先端技術の流出や安全保障への影響に対する懸念も急速に高まっています。

ドイツ政府は去年12月、中国企業による買収を念頭に、EU=ヨーロッパ連合の域外の企業が、情報通信や電力などインフラや防衛関連のドイツ企業に投資する場合、投資を認めるかどうかの審査を強化しました。

また、ドイツ最大の経済団体「ドイツ産業連盟」は、先月公表した提言書の中で、EUやドイツ政府に対し、知的財産権や技術の保護で中国に対抗するための対策を求め、注目を集めました。

一方、中国への警戒感の高まりとともに期待が集まっているのが日本との連携です。

EU=ヨーロッパ連合と日本との間では、今月1日、EPA=経済連携協定が発効。ドイツ政府は、自由貿易の重要性を世界に示すことができたと評価しています。

メルケル首相の側近で、知日派のフォルカー・カウダー連邦議会議員はNHKとのインタビューで、「日本とドイツの協力は密接だが、EPAは両国の関係をさらに推進させる力になるだろう」と述べました。

そのうえで、「日本との関係は貿易や経済にとどまらない。アジアで、日本ほど法の支配や民主主義が実践されている国はない」と述べ、価値観を共有するパートナーとして日本との関係が重要になっているとの認識を示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190204/k10011802351000.html

管理人
ネットの反応
名無し
気が付くのがおせーんだよw
名無し
気付いてるのに放置の日本政府
名無し
日本と同じでわろた
名無し
日本は中韓に食い尽くされた後やけど?
名無し
なんだこの、洋の東西にまたがる被害者の会結成の動きw
名無し
今更気付いた感じ?ww
名無し
深めるのは構わないが中国の手を排除してからにしてくれ
じゃないと更に日本の技術が流出する
名無し
これは日本も同じだろ
名無し
ドイツにはもう中国様に売れる技術残り少ないのでよろしくねっ
って感じか
名無し
いまさら?
さんざん日本の悪口言ってきながら、手のひら返すって節操が無いなあ。
そのまま中国と心中すればいいじゃん。
名無し
それな
図々しいよなぁ
名無し
西側諸国は中国企業を買収できないのに中国企業は西側企業を買収できるからな
よくこんなの野放しにしたよ
名無し
ドイツ銀の負債を押し付ける気じゃないだろうな

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする