伊藤詩織氏 VS 山口敬之氏の裁判、高裁で伊藤詩織氏の主張の事実認定のレベルからやり直しか 山口敬之氏に光明 傍聴人がネットで明かす

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




よしりん裁判傍聴記③原告/高裁で事実認定のレベルからやり直す! 被告/詩織さんから、き、聞いてないよ...

元 TBSワシントン支局長の山口敬之さんが伊藤詩織さんの告発を巡り、漫画で名誉を毀損されたとして漫画家の小林よしのり氏と小学館を訴えた裁判を傍聴しました。

令和2年9月25日午前10時20分開廷。傍聴人は10名で満席。10分ほどの審理でした。(裁判基本情報は下記にあります)

今回も裁判長から詩織さんVS山口氏の控訴審についてスケジュールの確認があった
◆この裁判は伊藤詩織さんが山口敬之さんに酒を勧められ性被害を受けたと告発した裁判を巡って漫画家の小林よしのり氏が山口さんを「レイプ行為に及んだ」「凶悪犯罪」などと表現した漫画を小学館の発行する雑誌に掲載して山口さんから謝罪広告等を請求されているものです。

◆聞き取れた部分のみを書き出ししています、詳しくは裁判資料をご参照ください。大西達夫弁護士を大西弁護士、伊藤詩織さんを詩織さん、山口敬之さんを山口氏、また、伊藤詩織さんVS山口敬之氏の裁判を控訴審と表記します。

控訴審で請求原因の事実レベルから整理をやり直す!

この日も控訴審の進行についてのやり取りがほとんどでした。

まず、のっけから甲号証の陳述のほか、控訴審の進行について確認。

前回は9月7日に弁論準備手続きが行われて、次回期日は11月12日。次回も弁論準備、争点整理を続行するとの事。

そして、山口氏の代理人、大西弁護士から衝撃的な控訴審の進行状態が裁判長と傍聴人に明らかにされました。

元々の不法行為の事実認定や損害賠償の請求原因の事実レベルで整理、審理を高裁でやり直す、と言うものです。

通常の高裁の審理よりは時間をとってやる

しかも、山口氏側から控訴審で新たに証人申請が出された模様。詩織さんが一審で勝利した性被害の訴えは控訴審で未公開のまま、新事実に向かって大きな変動があった様子です。

大西弁護士が被告席に座るよしりん側の弁護士達に向かい、裁判進行状況を述べるときの威厳、威圧感は凄まじいものがありました。そして「審理のやり直し」「(裁判所は)審理に時間をかける」と告げる張りのある声は法廷内の隅々にまで響き渡りました。

傍聴席は意外な新展開の告知に驚き、息を飲んだように静まり返りました。

続きはリンク先で
https://note.com/ueda_news24/n/nbe30caa161a0




名無し
@yoyaMACD
別件控訴審について話題に上ったということ?




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.