【毎日新聞】「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 安倍首相のコロナ語録~ネットの反応「文句のレベルがだんだん落ちている件」「空前絶後の変態新聞だもんな」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍晋三首相は2月29日からの約3カ月間で計8回の記者会見を開いた。恒例になっているのが、20分間前後にわたる冒頭の「演説」だ。内閣支持率の大幅な下落もあってか、与党内でさえ「しゃべり方も、内容も良くない」(閣僚経験者)と評判は今ひとつ。だが、情緒的で大げさな表現の印象は強く残る。首相の「コロナ語録」を振り返ってみたい。

 8回目となった5月25日の記者会見。首相が2020年度2次補正予算案を説明する際に使ったのが「空前絶後」だった。1次補正を含めて「GDP(国内総生産)の4割に上る空前絶後の規模、世界最大の対策によって、この100年に1度の危機から日本経済を守り抜きます」。力強い内容だが、1次補正だけでも「世界的にも最大級の経済対策」だった。ネット上の感想を見ると、「空前絶後」を持ちネタとするお笑い芸人を思い浮かべた人も多かったようだ。

 四字熟語では3月14日に語った「一気呵成(かせい)」も印象的だ。この時も経済の落ち込みへの懸念を払拭(ふっしょく)すべく、「日本経済を再び確かな成長軌道へと戻すため一気呵成に、これまでにない発想で思い切った措置を講じてまいります」「機動的に必要かつ十分な経済財政政策を間髪を入れずに講じます」とたたみかけたが、実際には20年度1次補正予算成立まで、ここから1カ月半を要した。

 会見では国民を鼓舞する言葉も駆使されてきた。2月29日の新型コロナに関する最初の会見では「1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」と語っていたが、その後も「不屈の覚悟で戦い続…

残り554文字(全文1230文字)

毎日新聞2020年5月28日 07時00分(最終更新 5月28日 09時51分)
https://mainichi.jp/articles/20200527/k00/00m/010/270000c




管理人
ネットの反応
名無し
ただのいちゃもん
名無し
前代未聞、変態日本人って記事ばかり書いてたお前に言われてもな
名無し
とにかくケチ付けたい、安倍首相が気にくわない……ってだけだなw
名無し
安倍ちゃんをdisりたいだけの中身がない文章w
名無し
文章を書く商売のくせに言葉では具体的に反論できないのか?w
具体的にどうおかしいの?w
毎日新聞なら何て言うの?w
名無し
文句のレベルがだんだん落ちている件
名無し
そのうち「目があったキモチワルイ」とかいう小学生女子レベルになるだろうな
名無し
俺もそれを感じたw
情緒的じゃなきゃ「冷淡」だの「訴求力が足りない」だの
「心がこもってない」と文句を言うくせになw
名無し
また新しいいちゃもん考えたのか
名無し
こうなると単なる揚げ足取り
小池のカタカナ乱発の方が酷いだろ
名無し
空前絶後の変態新聞だもんな




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。