「はやぶさ2」 2月21日から降下を開始 22日午前8時過ぎごろに小惑星リュウグウに着陸 3億kmのかなた、誤差3m~ネットの反応「とうとう採取するのか…あんなに遠い話だったのに早いもんだな」「成功して欲しい!」

この記事をシェアする

はやぶさ2、22日に小惑星に着陸

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が22日、小惑星リュウグウへの最初の着陸と岩石採取に挑む。リュウグウの表面は当初の想定以上に大きな岩が多く、地球から約3億4000万キロかなたで半径わずか3メートルの範囲にピンポイントで着陸させる難しい誘導・制御が求められる。

計画では、21日朝に高度約20キロから降下を開始。22日午前6時ごろに決行を最終判断して以降は地球から指示を送らず、はやぶさ2は自律的に動く。昨年、地表に投下したターゲットマーカー(目印)をカメラで捕捉しながら、高度8・5メートルまで降下。最後はリュウグウの重力に任せて秒速7センチで自由落下させる。着陸は22日午前8時過ぎごろの見込みだ。

着陸時には「サンプラーホーン」と呼ばれる筒状の装置を数秒間接地させ、弾丸を発射して岩石を砕き、舞い上がったかけらを採取する。

今回の着陸地点は、直径約900メートルのリュウグウの赤道付近。
当初は100メートル四方程度の砂場のような場所が小惑星上にあると想定していたが、実際は岩だらけだった。JAXAは昨年10月の予定だった着陸を延期。機体を損傷する恐れがある高さ60センチ以上の岩がない▽ターゲットマーカーから数メートルと近い――ことから今回の着陸地点を選んだ。

JAXAの吉川真ミッションマネジャーは20日、「緊張しているが、準備にかなり時間をかけてきた。やってきたことを信頼し、ぜひ成功させたい」と話した。

毎日新聞【池田知広】(2019年2月20日 18時57分、最終更新 2月20日 18時58分)
https://mainichi.jp/articles/20190220/k00/00m/040/166000c

はやぶさ2の着陸

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/02/20/20190220k0000m040164000p/9.jpg

はやぶさ2の着陸地点付近を再現した模型。大きな岩を避け、線で囲まれた枠内の半径3メートルの範囲に着陸を試みる=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構東京事務所で2019年2月20日、池田知広撮影

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/02/20/20190220k0000m040165000p/9.jpg

「はやぶさ2」あす朝から小惑星へ降下 岩石採取はあさってか

2019年2月20日 18時22分はやぶさ2

小惑星「リュウグウ」の上空で着陸の準備を進めてきた日本の探査機「はやぶさ2」は、日本時間の21日朝から小惑星へ向けた降下を開始します。順調にいけば、着陸を実施して岩石の採取に挑むのは22日朝になる見通しで、JAXA=宇宙航空研究開発機構の吉川真ミッションマネージャは「準備してきたことを信頼してぜひ成功させたい」と抱負を語りました。

2014年に打ち上げられた「はやぶさ2」は、地球からおよそ3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」の上空に到着したあと、去年10月の着陸を予定していましたが、小惑星が予想以上に岩に覆われていることがわかり、着陸を延期して安全に着陸できる地点と方法の検討を進めてきました。

そして、小惑星の赤道付近にある大きさが60センチを超える岩石がない平たんな場所を確認して「L08ーE1」と名付け、ここを目指して日本時間の21日午前8時すぎに降下を開始することになりました。

「はやぶさ2」は、その後、ゆっくりと高度を下げ、順調にいけば、22日午前8時ごろに「リュウグウ」に着陸して、岩石の採取に挑む計画です。

着陸地点をめぐっては、当初、直径100メートルの範囲を想定していましたが、今回ねらう範囲は直径6メートルと極めて狭く、JAXAでは難しいミッションになるとしています。

降下を前に開かれた記者会見で、JAXAの吉川ミッションマネージャは「着陸では何が起こるかわからないので緊張している。はやぶさ初号機の経験も踏まえて、これまで時間をかけて準備をしてきた。それを信頼して着陸をぜひ成功させたい」と抱負を語りました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190220/k10011821621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

はやぶさ2、小惑星着陸へ 3億kmのかなた、誤差3m

 太陽系誕生の謎を解き明かすことを目指した探査機はやぶさ2が22日、小惑星りゅうぐうへの着陸と試料採取に挑む。狙う着陸地点は半径3メートル(幅6メートル)でわずかな誤差しか許されない。
3億キロ先での難作業だが、はやぶさ2チームは念入りな準備を終え、満を持して臨む。

 当初、りゅうぐう表面には着陸に適した広く平らな場所があると思われた。「100メートル四方の中のどこでもいいから降りる、という設計思想だった」と宇宙航空研究開発機構の津田雄一准教授。

 だが到着してよく見ると、地表には大きな岩が数多く散らばり、平らな場所がほとんどないことが分かり作戦を練り直した。

一般社団法人共同通信社(2019/2/15 16:50)
https://this.kiji.is/469047181552305249?c=39546741839462401

はやぶさ2のりゅうぐう着陸の想像図(JAXA提供)

https://nordot-res.cloudinary.com/t_twitter_image/ch/images/469048322042627169/origin_1.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
とうとう採取するのか
あんなに遠い話だったのに早いもんだな
名無し
平らな場所があるって想定は甘過ぎない?
名無し
直径6M内への着陸制御出来るの⁉︎
そもそも小惑星に着陸できる事自体凄すぎるんだけど
名無し
初代のタッチダウンの時とは制御スキームを全く違うものに変えるので可能だそうだ
名無し
採取してもそれで終わりじゃないからなあ
ちゃんと地球に帰還して回収されるまでがゴールだから大変だわ
名無し
着陸まで24時間もかかるのか
ツベでLIVE映像流してくれるのは最初と最後の2.3時間かな
名無し
3mて、センパイマジパネェス
名無し
弾丸が通用するのか不安だな

名無し
前回は鉄砲の玉を岩に撃つのに失敗してほとんど岩石取ってこれなかったのに
成功みたいな扱いになってて馬鹿じゃないのと思ってる
名無し
本当にわずかだけど試料はもってこれた。
完璧ではないけど成功と言ってもおかしくはない。
名無し
前回の名目上の目的はイオンエンジンのテストであり到着しただけで成功です
タッチダウンしてさらに戻ってこれたら大成功!
人類未到の地に到着して帰って来た歴史的な成功ですよw
名無し
無事帰って来いよ
名無し
ハヤブサ3号はいつ飛び出すんですか
名無し
毎日7:36に東京駅から
名無し
もう失敗する未来しか見えないな
名無し
岩石に弾丸を撃ち込んでどれほどの効果があるのやら
名無し
タッチダウン失敗して壊れたら通信もできない状態でリュウグウの一部になってしまうのか
せめて自動的に残りのロボットを開放してあげてほしいな
最後は抱えている爆弾で自爆
名無し
成功して欲しい!

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする