宅地1坪8円で売ります 条件は小学生以下の子いる家庭 広島県神石高原町~ネットの反応「値段以外のメリットやインセンティブを提示しなければ手は挙がらないでしょう」

この記事をシェアする

広島県神石高原町は4日、若いファミリー世帯を対象に、宅地を「1坪8円」で販売すると発表した。町が進める定住促進策の一環。全5区画で、4月から募集を始める。

 宅地は、町役場から北東約10キロの豊松地区にある。2004年の4町村の合併で神石高原町が誕生する前は豊松村だった。過疎化に伴い、地区で唯一残る豊松小学校も児童が18人にまで減少。存続に向けて児童を増やしたいという。

 宅地は、239平方メートルが3区画、413平方メートルが2区画。町所有の遊休地を活用し、それぞれ価格(1区画)はわずか576円と1千円とした。入江嘉則町長の重点施策が「定住促進」など八つあり、1坪8円に設定したという。

 入居の条件は、町外に居住し、小学生以下の子どもがいる家庭で、宅地の購入後、3年以内に建築を完了する――など。応募多数の場合は抽選とする。

 町によると、宅地から小学校や役場支所、保育所まで徒歩で10分前後と近く、「ぜひ、応募して」と呼びかけている。問い合わせ先は町総務課(0847・89・3330)へ。(天野剛志)

朝日新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000009-asahi-soci

管理人
ネットの反応
名無し
近隣に職場が有るなら良いが、そうでないなら別の雇用対策も無ければ神石高原町に永住するリスクが、高過ぎるのでは?
それと同時にそもそも町自体に魅力が無いと、移住する気すら起きない気がします。
名無し
子供が小さいうちは自然もたっぷりだし、いい環境だと思います。でも子供が大きくなり、自分たちも歳をとったら暮らし続けるにはけっこうきつい土地ですよね。
道の駅とか子供を連れて遊びに行くのは楽しいけれど、住むのは…と思ってしまう。個人的には、もちろん神石が賑わえばいいと願っています。
名無し
田舎は人付き合いの問題をクリアしても成人の人数だけ車が必要な上に食料品や日用品、家電などが高い。
正社員で通勤手当を満額支給してくれれば気にならないけど、中高生と派遣のいる家庭は定期代と家族の送迎の負担が重い。沖縄のとある地域みたいに1か月3万円は例外としても最寄りの高校まででも定期代が嵩む。全県1区が全国的なトレンドだから農村部や郊外の学校がなくなるとさらに定期代が上がる。
名無し
日本の人口が減り続けています。
村自体がどんどん減少していきます。 人口は 都市の近くに集中します。 村町で 生き残れるのは観光地です。 それともう一つは独自のオリジナル性を発揮した 村町です。
この記事の内容を見ると少し無理があります。 土地がタダ同然 しかしながら住宅を建てるのに数千万かかります。 就職も斡旋しておりません。 村社会というのがあります。
村八分 陰口 よそ者扱い。
そういうものを全てクリアした上での 話でないと この話は成立いたしません。 土地を安くしたって その村に住む人はいません。 安易な考え方はやめましょう。 大切なのは人間の温かさです。 住んで良かったなと思うような 村にしてください。
名無し
ちょっと調べてみたけど、最寄りの駅までが長旅過ぎる。一番栄えているだろう市役所からですらバスを乗り継いで、最低でも1時間半かかり、車でも1時間。そしてその最寄りの駅には1日6本しか止まらない。子供が育って高校生になったとき、送り迎えがない限りどこにも通えないじゃん。自宅から通わせるとなると、子供の将来の選択肢も限られてしまうから、寮に入れるしかないんじゃない?
買い物もままにならないし、栄えている街まででるなら通勤も往復車で数時間コース。
それを魅力的と感じる人がいるならいいけど、これで集まらなければ、無理に人口減は食い止めずに、自然に返してあげたらいいよね。
名無し
子供を受け入れたい意向はよくわかる。子供がいる(働き世代の親がいる)というのが町の活性化の第一要因だし。

それでも
・町が用意しても住人が受け入れる度量があるのか?
・親の勤務先までの距離
・学校などの施設までの距離
・周辺の便利さの度合

によってはいくら好条件で土地を提供しても集まらないことは多いと思う。
人が集まらないとそれらを整備できないから格安で招待する

整備されていないから応募しない

のジレンマはどこでもよくあることだけど、難しいね。
でも子供がいる世帯を優遇するというのはいいことだと思う。

名無し
定住促進は素晴らしいが、奥様としては買い物が近くで出来ないと困りませんか?旦那さんも車通勤ならば良いのでしょうが、安く購入出来ても日常生活が大変ですと購入をする方が少ないと考えますが・・・
名無し
祖母宅の集落(現在2軒、高齢者で構成)の隣の集落が、残り1軒(高齢者夫婦)となり、集落の存続をかけて移住者の募集を行いました。
集落内の空き家を大改装し、激安の家賃で住む事ができます。
但し義務教育の子供が居ることや30歳代夫婦とか、縛りがありました。
予定よりも多くの応募があり面接等を経て移住されたのですが、現在、残った移住者は僅か1軒のみになりました。
豪雪地帯のため、幹線道までの除雪は村人がしなければならないので、幹線道までかなりの距離(1㌔以上)があります。
田舎に対する憧れと実際の生活の厳しさは、違うという例だなと。
名無し
ここは避暑地として使ったり、ちょっと遊びに短期間滞在するのはいいけど永住は職場、学校等考えたらかなり厳しい…。
特に子どもが少ないのに引越ししても遊び相手がいないのは明白ですし。いい場所だと思いますが住むとなると中々厳しいですね。
名無し
現状で買い手がつかないような田舎の土地なんてタダでもいいから譲りたい(捨てたい)という人が大勢いるのだから、値段以外のメリットやインセンティブを提示しなければ手は挙がらないでしょう。

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする