<自称徴用工問題>韓国大統領府「事実無根」 朝日新聞の報道を否定〜ネットの反応「まぁ否定するしか無いわなw」「朝日も韓国政府も、どっちも嘘つきだから判断に困る」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




朝日「韓国非公式提案」報道に大統領府が否認

 韓国政府が、韓国最高裁(大法院)の強制動員被害補償判決と関連して日本政府に対し「被告である日本企業が賠償に応じれば、韓国政府が事後補填する」という案を非公式に打診したが、日本側が断ったと朝日新聞が31日報道した。大統領府の核心関係者は1日「事実無根」として、このような報道を否認した。

 朝日新聞は匿名の韓日両国政府関係者の話を引用し、韓国政府が安倍晋三前日本首相の在任時期である今春にこのような「事後補填方案」を日本に打診したと31日報道した。ノ・ヨンミン大統領秘書室長を中心に強制動員被害補償問題の解決を検討し、最高裁による賠償判決を尊重しようと考える文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意中を考慮してこのように提案したということだ。

 具体的にこの新聞は「(被告である)日本企業が賠償に応じれば、後に韓国政府が(賠償金)全額を埋める」という案を非公式に提案したが、日本政府が「企業の支出が補填されても判決が履行される点には変わりがないので応じられない」と答えたと伝えた。

 新聞は「当時、安倍首相は強硬な態度だったが、韓日間の経済関係を重視する菅義偉(当時、官房長官)は、安倍首相とは異なり穏健な対応を望んだ」とも伝えた。匿名の首相官邸幹部が「なんとかして(問題を解決)したいという思いが今の菅首相には強い」と話したとこの新聞は伝えた。

 日本政府は2018年10月の最高裁強制動員被害補償判決以後、一貫して強制動員被害問題は「1965年の韓日請求権協定で解決済みで、最高裁判決は国際法違反」との主張を曲げていない。菅政権が強制動員被害問題に対して態度を変えるかは、依然として不透明だ。

チョ・ギウォン、ソ・ヨンジ記者

日帝強制動員の被害者が2018年、新日鉄住金(現、日本製鉄)を相手に起こした損害賠償請求訴訟で勝訴した後の記者会見で涙を流している=資料写真//ハンギョレ新聞社

ハンギョレ 登録:2020-11-01 19:58
http://japan.hani.co.kr/arti/international/38183.html




管理人
ネットの反応
名無し
まぁこう言うよねw
名無し
虚構記事だったと韓国政府が言い出したのだから、梯子をはずされてしまったな。朝日新聞
名無し
本当に言ってなければもっと早く声明を出してたはず
名無し
まぁ否定するしか無いわなw
名無し
なんかこれで裏交渉もすべて終わりだな
トリガーで現金化に踏み込むね
名無し
裏で土下座はもう通用しない
名無し
>菅政権が強制動員被害問題に対して態度を変えるかは、依然として不透明だ。
 
スッケスケの透明度だよ
日本が悪かったわーってならないことくらい韓国人でもわかるでしょ
名無し
こいつらが水面下交渉に拘るのは、思い通りの結果が出なかった交渉が バレてリークされたとき、嘘ではぐらかして逃げる為の保険と見る。
恐らく交渉決裂は事実。で、同時に日本との約束も反故にするつもりだったのは ほぼ間違いなかろう。
名無し
朝日新聞と韓国政府か…
 
難しいな
しかし逆にあの朝日が言うくらいだから……いやしかし
名無し
予想通りの反応
仮にこの提案を受けてしまったら後からそんな約束してないニダと言われるだけ
名無し
以前、宮澤喜一が従軍慰安婦の件で、まんまと引っかかったから、同じ手を使ってみたんだろ?
これさ、鳩山由紀夫だったら、乗っかってただろうな
名無し
朝日も韓国も、どっちも嘘つきだから判断に困る
名無し
しらばっくれるところまで予想済み
名無し
>匿名の首相官邸幹部が「問題を解決したいという思いが今の菅首相には強い」と話した
 
ほーん。
いつもの匿名の人ですかそうですか。
名無し
韓国はその時の感情で意見を変えるのが常識だから
発言に責任なんてものがないのよあの国
 
だからレーダー照射問題にしろ天皇陛下侮辱発言にしろ政治家や政府高官レベルの人間が
いくらでも適当な嘘をつく。言い逃れ出来ない嘘には勘違いしてたで終わる国
 
つまりあの国と関わること自体が時間の無駄なわけ
名無し
やはり韓国政府は日本政府を騙す気満々
信用できない国だねw
名無し
早く反論しろよアカヒ
名無し
とりあえず今後このアイデアが提案されることはなくなった




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.