時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

ジョージア、ミシガン、ペンシルバニア、ウィスコンシンの選挙で、バイデン氏が勝利する確率は4兆分の1たったと学者が指摘 最高裁に書面を提出へ マクナニー報道官もこの研究結果をツイート

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ジョージア、ミシガン、ペンシルバニア、ウィスコンシンに対するテキサス州の統計学者の訴訟では、バイデンが当選する確率は4兆分の1だったと述べています。

USCと元ハーバード大学の統計学者は、ジョー・バイデンがジョージア州、ミシガン州、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州で勝利する可能性は、基本的に統計的に不可能であると判断しました。
今朝、テキサスから出てきた、ウィスコンシン、ミシガン、ジョージア、ペンシルバニアの4州の2020年大統領選挙の行動に異議を唱える事例を報告しました。

最高裁に提出された準備書面には、Pacific Economics GroupのメンバーでUSCの経済学教授であるCharles J. Cicchetti博士の宣言が含まれています。

Cicchetti博士は、ハーバード大学ジョン・ケネディ・スクール・オブ・ガバメントのエネルギー・環境政策センターの元副所長で、ラトガース大学で経済学の博士号を取得している。

同氏の計算によると、2020年11月4日午前3時の時点で、これらの4つの州でトランプ大統領が早期にリードしていることを考えると、ジョー・バイデン氏が4つの州で独立して人気投票に勝つ確率は、4兆分の1以下である。

Cicchetti博士の分析では、ジョー・バイデンが4つの州をまとめて勝利するためには、そのイベントが起こる確率は4乗に1未満に減少すると計算されています(10億分の1、100万人に1人、100万人に1人、0004)。

世界的に尊敬されている統計学者によるこの分析は衝撃的で、以前に報告した内容と一致しています。 これらの州などでの選挙結果は基本的にありえないものでした。

https://www.thegatewaypundit.com/2020/12/statistician-texas-lawsuit-georgia-michigan-pennsylvania-wisconsin-says-probability-biden-winning-election-one-quadrillion/?utm_source=Twitter&utm_medium=PostSideSharingButtons&utm_campaign=websitesharingbuttons

関連ツイート
マクナニー報道官




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.