トヨタ、EV世界最高性能 わずか10分でフル充電でき、500km走れるEVを開発~ネットの反応「すげぇな」「バッテリー交換費用はいくらだい?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




※機械翻訳

デトロイトで開催された北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車の豊田章男社長がコンセプトカーのイメージの前で語る。©ロイター
日経スタッフライター
2020年12月10日07:29JST

東京-1回の充電で500kmの旅。10分でゼロからフルに再充電します。安全上の懸念は最小限です。トヨタが導入した全固体電池は、電気自動車だけでなく、業界全体のゲームチェンジャーになることを約束します。

この技術は、1回の充電で移動する距離が比較的短いことや充電時間など、従来のリチウムイオン電池で動作する電気自動車が直面する欠点をすべて解決する可能性があります。トヨタは、2020年代初頭に全固体電池を搭載した電気自動車を販売する最初の企業になる予定です。世界最大の自動車メーカーは来年プロトタイプを発表するでしょう。

トヨタが開発する電気自動車の航続距離は、従来のリチウムイオン電池と同じ条件で走行する車両の2倍以上になります。最もコンパクトな車でさえ、内部空間を犠牲にすることなくすべてが達成されました。

全固体電池は、電解質水溶液を使用するリチウムイオン電池の実行可能な代替品になると期待されています。この革新により、火災のリスクが低下し、エネルギー密度が増加します。これは、バッテリーがその重量と比較して提供できるエネルギーを測定します。

全固体電池を搭載した電気自動車の充電には約10分かかり、充電時間は3分の2に短縮されます。バッテリーは、足元のスペースを維持しながら、コンパクト電気自動車の走行距離を伸ばすことができます。

トヨタは、全固体電池に関する1,000件を超える特許を取得して世界の頂点に立っています。日産自動車は、2028年までに非シミュレーション車両に電力を供給する独自の全固体電池を開発する予定です。

全文はリンク先で
https://asia.nikkei.com/Business/Technology/Toyota-s-game-changing-solid-state-battery-en-route-for-2021-debut




管理人
ネットの反応
名無し
申し訳ないけど
社長の居ない画像が良かったわ
名無し
すげぇな
名無し
10分で満充電は凄いな
名無し
どこでも充電できるようにならなおと意味ねーけどな
名無し
バッテリーの寿命は大丈夫なのか?
名無し
同感!
一年毎に買い換えですw
バッテリー交換は20万円掛かりますwww
名無し
コストによってはあっさりガソリン車を駆逐しかねないな
名無し
来年は固体電池搭載EVのプロトタイプを披露、2020年前半に販売開始だって
 
てかなんで英語ソースなのか?
名無し
2020年はもう終わりだが…
名無し
文脈から2020年代前半だと分かっただろ
名無し
これが全固体電池の特許出願ランキングな

名無し
日中はソーラーで発電チャージまでしてくれたらええんやけど
名無し
でもお高いんでしょう
名無し
三井金属があるから本気
名無し
やりゃできるじゃん
名無し
バッテリー交換費用はいくらだい?




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.