時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

ミシガン州がドミニオン投票集計システムの調査報告書を公開 「エラー率68%」など異様な内容 連邦選挙委員会が認めているエラー率は0.0008%

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




米サイバーセキュリティ会社、アライド・セキュリティ・オペレーションズ・グループ(Allied Security Operations Group)が12月14日発表した調査報告書によると、ミシガン州アントリム郡(Antrim County)で使われた投票機メーカー、ドミニオン(Dominion Voting System)の投票機の中のセキュリティおよび投票判定に関わる重要な記録情報が失われた。

報告書は「システムは、数年前の投票判定の記録をはっきりと表示しているが、2020年大統領選挙のすべての判定記録がなくなっている。判定プロセスは、最も操作されやすい」と示した。
また「記録が欠けると、集計作業の問責ができない。システムにある以前の記録は、同じ投票ソフトを使っているのに、(今回の大統領選の)記録がなくなるのは非常に疑わしい」とした。

報告書は「われわれは、2020年大統領選挙の記録が削除されたという結論を下さざるを得ない」とした。

同社の調査員は調査過程中、ドミニオンの投票機が、莫大な量の投票の裁定を拒否したのを発見した。集計スタッフは手作業で、これらの投票を裁定しなければならなかった。

「連邦選挙委員会は0.0008%のエラー率を認めているが、ドミニオン投票機のエラー率は68.5%だった。これは、今回の大統領選挙には、セキュリティの面においても、選挙の公正性においても、重大かつ致命的な過ちがあることを意味する」と報告書は指摘した。

アライド・セキュリティ・オペレーションズ・グループ社の幹部の1人、ラセッル・ラムスランド(Russell Ramsland)氏が同報告者を作成した。
同社の社員は、国防総省、中央情報局(CIA)、国土安全保障省などで勤務した経歴を持つ。サイバーセキュリティ専門家であるラムスランド氏は、米航空宇宙局(NASA)やマサチューセッツ工科大学(MIT)などで働いたことがある。

12月初め、第13巡回区控訴裁判所のケビン・エルゼンハイマー(Kevin Elsenheimer)判事は、アントリム郡の投票機を調査するとの命令を下した。
これを受けて、アントリム郡を提訴した原告のウィリアム・ベイリー(William Bailey)氏は、ラムスランド氏らに検証調査を依頼した。

エルゼンハイマー判事は14日、同報告書の一般公開を承認した。

https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65977.html





管理人
ネットの反応
名無し
こんなのよく採用したな。日本でエラー率68%なんていったら箸にも棒にもかからない。いや、パヨクが不正目的で作ったなら通るか。
名無し
集計機自体は過去の選挙でも使われてて
その時の記録は採用基準のエラー率0.008%をクリアしてた
なぜか今回の選挙のみ68%越えのエラー率を叩き出した
名無し
それから意図的不正と結論できる。何回も開票中に機械を止めて修理と称する細工してるし。
名無し
エラー票がバイデン票になる様にしてあったんだよね。
名無し
>連邦選挙委員会は0.0008%のエラー率を認めているが、ドミニオン投票機のエラー率は68.5%だった。
 
てへペロで済むような数字じゃねーぞw
名無し
投票終わったあとにこんな感じの記事ボコボコ出て来て笑うわ
名無し
68%売電に流したのか
名無し
さぁ盛り上がってまいりますた
名無し
お笑い番組見てるより遥かに面白いわ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.