<米大統領選>アントリム郡での投票の「監査」中に「まったく同じ署名を持つ複数の投票用紙」を数えるよう、ボランティアに指示するミシガン州の職員の証拠ビデオが拡散 ※動画

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




Jim Hoft
@gatewaypundit
ビデオ - >アントリム郡での投票の「監査」中に「まったく同じ署名を持つ複数の投票用紙」を数えるようにボランティアに告げるビデオに捕らえられた州当局者のMISec

機械翻訳

Matthew DePernoが提供した最初のビデオは、マンネロタウンシップの第1管区の投票用紙の箱を示しています。この箱は、「リスクを抑えた監査」を支援することに同意したアントリム社の市職員を含む20名の超党派のボランティアのうち3名に届けられました。

ゴミ箱の中には、集計された投票用紙と集計されなかった投票用紙が混ざっており、また、白紙の投票用紙も混ざっていました。デペルノ氏は、投票用紙の箱のことを「めちゃくちゃだ!」と言っていました。12月16日、私たちは、2020年11月27日にマンネロタウンシップの第1分署で撮影された写真について報告しましたが、その写真にはドミニオン投票機のセキュリティシールが両方とも欠けていました。

2番目のビデオは、HelenaTwpで投票がカウントされていたテーブルで撮影されました。ボランティアは、前回の再集計で記録された元の数よりもビン内の投票数が少なかった理由を疑問視しているのを見ることができます。質問をした直後、男性のSOS職員が「無効票」と記されたバッグを持ってテーブルに近づき、数えるように言いました。弁護士のマット・デペルノは、正体不明の男性SOS担当者が「無効票バッグをビンから引き出し、投票用紙を「監査」しているボランティアに配達するのを目撃しました。DePernoはまた、SOSの関係者が、「無効票」をカウントに追加するように指示しているのを目撃しました。




3番目のビデオは、セントラルレイクTwpからの投票が行われたテーブルで撮影されました。数えられていました。ビデオでは、男性のカウンターが「同じ署名の複数の投票用紙」を質問しているのを見ることができます。Matthew DePernoによると、138票には、ペンマンシップがまったく同じである書き込み投票がありました。

下のビデオでは、SOSの職員が、カウンターが不正投票であると信じていることを無視し、投票用紙を数えるよう要求しているのを見ることができます。

「カウントがないと先に進むことができないので、カウントを行う必要があります。そして、私たちはこの境内に懸念があることを理解していますが、今はあなたが調査する時ではありません。」

「何か他のものを見つけましたか?」男性のカウンターが尋ねます。

「いいえ」と彼女は答え、「それで、監査を進める必要があります。そうすれば、数字を取得できるので、ここに投票用紙がいくつあるかを確認できます。」

女性カウンターは、「監査が終了しても、まったく同じ署名の投票用紙が複数あるという事実に異議を唱える機会はまだありますか?」と尋ねます。彼女は尋ねます。

「 『チャレンジ』が正しい言葉かどうかはわかりません」とSOSの関係者は言います。

「しかし、私たちは挑戦しています—」とボランティアは言います。

男性ボランティアはSOSに、「先に進んで投票用紙を数えますが、分けて数えます。これらの投票用紙には同じ署名がある」というアスタリスクが表示されます。

「また、あなたがこの地区に懸念を抱いていることを私たちは知っています」と彼女は彼らに言い、「それは現時点ではあなたの役割ではありません」と彼女は彼らに複数の一致する署名を無視し、投票用紙。

「私が今あなたにすべきことは、監査を終了することです」と彼女は再び彼らに言います。両方のボランティアは、投票用紙をメモする予定であると説明し、SOSの関係者は「これもプロセスではありません」と回答します。

SOSの関係者は、大統領投票を引き続き数えるように彼らに懇願します。

SOSの関係者は、不正の可能性のある複数の投票の問題に対処することを保証しませんが、代わりに、すべてが正当な投票であるかのように数えるよう要求します。

このビデオでは、SOSの職員が、問題の投票用紙を投票総数に追加することに反対しているボランティアに、「これは今のところ調査ではありません!」と言っているのを見ることができます。




Dominion VotingSystemsのCEOであるJohnPoulosがMI上院監視委員会の前で証言した翌日の12月16日、DePerno氏は、投票用紙が安全に保管されているという彼の声明でPoulosが間違っていると私たちに連絡しました。実際、デルノ氏は、タビュレーターの1つでシールが破られたことを示す写真を提供してくれました。DePerno氏は、「セントラルレイクでは、プログラムを変更する可能性のあるソフトウェアアップグレードを実行するためにサムドライブを挿入できるサイドデータポートを保護するロックがありませんでした」と説明しました。彼は、「ロックがないため、有権者を含むすべての人がDominion投票機プログラムを変更できるようになります」と説明しています。
DePerno氏は、シールが破られ、ロックが解除されると、マシンの整合性が損なわれると説明しました。「それは、誰かが集計表の内部にアクセスしたことを明確に示しており、もはや安全な投票プラットフォームではありません」とDePerno氏は述べています。

https://www.thegatewaypundit.com/2020/12/mi-sec-state-official-caught-video-telling-volunteers-count-multiple-ballots-signature-audit-votes-antrim-county/?utm_source=Twitter&utm_medium=PostTopSharingButtons&utm_campaign=websitesharingbuttons

 ↓
ミシガン州の公式Twitterが「間違った情報だ」と反論ツイートするも、「何が誤認なのかを説明すべぎだ」と炎上中




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.