【新元号】令和は「Beautiful Harmony」外務省が英語の趣旨説明~ネットの反応「こうやって考えると英語には情緒的な表現が乏しいってのが確認できる。 曖昧さが無くなって型にはめ込まれる感じ」「令子、よかったな」

この記事をシェアする

令和は「Beautiful Harmony」外務省が英語の趣旨説明

外務省は、平成に代わる新元号「令和」について外国政府に英語で説明する際、「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと伝えるよう在外公館に指示した。
今月1日の新元号発表後、「令」を「order=命令、秩序など」と訳す外国メディアがあったのを受けた措置で、外国メディアにも個別に説明している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

毎日新聞2019年4月3日 18時18分(最終更新 4月3日 18時18分)
https://mainichi.jp/articles/20190403/k00/00m/010/247000c

管理人
ネットの反応
名無し
わざわざ出典出して意味を説明してるのに自分の知ってる意味でしか解釈しない人ってなんなの?
名無し
こうやって考えると英語には情緒的な表現が乏しいってのが確認できる。 曖昧さが無くなって型にはめ込まれる感じ
名無し
いまだに決まった元号にネチネチ文句つけているのは感性的に日本人とは思えないな
名無し
平成には飽き飽きだ
はよ令和使わせてー
名無し
中身はともかく
外務省が趣旨説明とかするとロクな事にならない印象。
プラス外務省が関わるとなんかださくなる。
名無し
じゃあ今までの年号も訳してくれよ
名無し
令子、よかったな
名無し
外務省ダサい
名無し
検索したら一番上がこれなんだが
Beautiful Harmony

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする