中国が4日以内に尖閣奪取… 米シンクタンクが予測~ネットの反応「海上保安庁から銃撃ってのがそもそも無い」「6月17日には占領完了か!」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




中国が4日以内に尖閣奪取……米シンクタンクが描くシナリオ、8フェーズ

 新型コロナウイルスの感染源国「中国」と最大被害国「米国」との非難合戦、香港の国家安全法など、最近、米中関係がさらにワンフェーズ悪化したと感じられる。
中国の外相も「米国は中国との関係を新冷戦に持ち込もうとしている」と発言するなど、今後の行方が懸念される。
そして、現在、コロナ危機による失業者の増大、黒人男性殺害に端を発する全米での抗議デモによって、トランプ大統領の再選が危ぶまれ、バイデン候補勝利との見方が高まっている。
中国は、こういった「内から混乱する米国」の姿を注視し、政治的な隙を突いた行動にいっそう出てくるかもしれない。

◆中国による尖閣奪取シナリオ
 このような状況のなか、米国にあるシンクタンク「戦略予算評価センター(CSBA)」は5月、「Dragon Against the Sun: Chinese Views of Japanese Seapower」と題する論文を発表した。
https://csbaonline.org/research/publications/dragon-against-the-sun-chinese-views-of-japanese-seapower

執筆したのは、CSBAのシニアフェローのToshi Yoshihara氏で、筆者も以前勤務していた研究機関で同氏の論文を多く分析したものだ。
同論文では、中国が海軍力において優越感を高めると、より攻撃的な戦略を打ち出し、それによって日米同盟の機能性が制限され、アジアがより不安定になると警告している。
そして、本論文の71ページから72ページにかけては、中国が4日以内に尖閣諸島を奪取する強行シナリオが具体的に描かれている。
そのシナリオは以下のようになっている。

https://csbaonline.org/uploads/images/People/Toshi_Yoshihara-full.jpg

米国戦略予算評価センター(CSBA) Toshi Yoshihara

1. 海上保安庁の船が尖閣海域で中国海警の船を銃撃し、その後、中国海軍の護衛艦が日本側へ報復的な攻撃
2. 日中両国が尖閣海域を中心に戦闘モードに突入 中国空母などが宮古海峡を通過し、日本側が追跡
3. 日本の早期警戒機とF15戦闘機が東シナ海の上空をパトロールするが、中国軍がそれらを撃墜
4. 緊張が拡大し、とうとう那覇空港を中国が巡航ミサイルで攻撃
5. 米国が日米安保条約に基づく協力要請を拒否 米大統領は中国への経済制裁に留まる
6. 宮古海峡の西側で日中による短期的かつ致命的な軍事衝突が勃発
7. 米軍はそれを観察したままで依然として介入せず 米軍が介入しないことを中国軍が理解し、米軍の偵察機が嘉手納基地に戻る
8. 最初の衝突から4日以内に中国が尖閣諸島に上陸・奪取
(6月4日放送 フジテレビ プライムニュースの資料をもとに、筆者が部分的追加・修正)

◆尖閣奪取シナリオのポイント

 これを見たとき、まず那覇空港への巡航ミサイル攻撃がやはり衝撃的だ。
那覇空港は日本有数の空港であり、利用する日本人もきわめて多い。
那覇空港は自衛隊との併用空港であり、先島諸島のどこかで軍事的な衝突が発生した場合、まずは那覇空港が拠点となる。

 そして、このシナリオを見ると、米軍は何もしないのか、と思う人も多いことだろう。
確かに、日米安全保障条約には5条で米国の対日防衛義務が明記されている。
しかし、重要なのは、では米軍がどこまで具体的に協力するかという「程度」についてはまったく書かれていない。
積極的に協力するかもしれないし、消極的な協力に留まるかもしれない。
要は、そのときの米政権の政策判断によるのであり、我々日本人はそういった勝手なイメージからまずは脱却しないといけない。

 中国の国力と国境は比例するとも言われるように、軍事力によって自信を深めた中国は、今後いっそう海洋進出を進めてくる。
そして、そうなれば偶発的な衝突が発生するリスクは必然的に高まることから、日本としては、米国を極東安保に関与させ続ける戦略をいっそう考える必要がある。

NewSphere Jun 13
https://newsphere.jp/world-report/20200613-2/




管理人
ネットの反応
名無し
このシナリオは非現実的
まず海保が中国海警の船を銃撃するなんて、まずあり得ないだろ
どんな示威行動を見せられても、海保から銃撃することはない
銃撃するとすれば相手が先に銃撃したときだけだろう
名無し
別に攻撃の口実になりさえすれば真実である必要はないんだよ
名無し
一方的に海保の巡視船に攻撃して沈めても日本側が攻撃したから応戦しただけって言い張るだろうな、中国政府は
まぁ実力行使に出て尖閣取る代わりに日中の関係さらに悪化させて経済にダメージ与えることにメリットは見いだせないのが現実だが
軍閥が完全に暴走でもせん限りはそこまでやらんだろ
名無し
こりゃ、マジで不味いねぇ
名無し
海上保安庁は中国船を銃撃しないよ
アホだな
名無し
ウェルカム!
早くこい!
名無し
はよ尖閣に基地作れ
名無し
日本が尖閣取られてもトランプは絶対動かないし日本政府は遺憾の意を表明して終わり
それが現実です
名無し
それさすがにないやろ、あるとしたら漁船が故障したとかいうて突っ込んで
上陸するくらいや
なんも心配せんでええ
名無し
そのうち小屋作って、どんどん物資を運び込んで実質支配
竹島の二の舞




名無し
尖閣で終わる保証はない。
 
尖閣の次は宮古島・石垣島。
次は沖縄本島。
次は奄美・種子島。
次は九州。
次は日本列島丸ごと。
名無し
長い年月をかけて、まあそうなるわな。
名無し
こんなんしたら世界中敵に回すだろ
ありえんシナリオだな
名無し
「世界からの非難」が何の役にも立たないことは、直近の事例で言えば、香港で追証明済みだわな。
名無し
面白い、今すぐ尖閣を占領してみやがれ
名無し
尖閣に俺の家でも作ってくれたら島警備員として働くのに
名無し
譲歩ばかりしてるから舐められる
名無し
ミサイルが沖縄県知事と土地買い占めてる中国人に当たりますように
名無し
海上保安庁から銃撃ってのがそもそも無い
名無し
6月17日には占領完了か!




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.