時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

『帝国の慰安婦』著者の朴裕河教授、ハーバード大教授の「慰安婦は売春婦」論文に、朴裕河教授「間違っていない」 

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




※毎度おなじみの韓国掲示板翻訳サイト「カイカイ反応通信」さんからの引用です。全文はカイカイ反応通信さんでどうぞ。

朴裕河、”慰安婦は売春婦”のハーバード大学教授の主張に「歴史的ディテールは間違っていない」

'帝国の慰安婦の著者で世宗大学国際学部の朴裕河教授が、「日本軍慰安婦は売春婦」と主張した米ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤー教授について「歴史的ディテールは間違っていない」と発言した。

朴教授は2日、フェイスブックで「ハーバード大の教授の文章はまだ読んでいないので正確なことは言えないが、妄言だとか戦犯企業教授とか言うべき話ではない」とし「報道だけ見ると、教授の主張は歴史的ディテールとは大きく間違っていないかもしれない」と述べた。

ただ、彼女は「慰安婦=売春婦という主張に問題がないわけではない」とし「売春婦と性的奴隷談論ともに問題がある」どちらも問題があると主張した。

朴教授は、中国のウハンに建てられた慰安婦供養碑に自身の主張を裏付けた。

彼女は、「慰安婦の供養碑は、いわば魂を慰めるために建てられた碑。日本軍が慰安婦をどうして慰めたのだろうか」とし「この供養碑が意味するのは慰安婦と軍の関係が一方的に圧迫を受ける存在だけではなかったという事実」と話した。

また、「映画”沖縄のおばあさん”にも似た話が出ている」とし「朝鮮人軍属が他人のものを盗んだという理由でその場で直ちに処断までした日本軍人が、もう一方では爆撃で死んだ朝鮮人慰安婦を収拾したという話もそうで、朝鮮人の生命に対する日本軍人の両価的な態度は、もっぱら規律に違反しているかどうかにあった」と語った。

そして、慰安婦を準軍属と表現し、「慰めを受けたからと言って被害者ではないという話にはならない。徴用や徴兵のように動員されたのは事実だが、男性被害者に比べて女性被害者は法という強制枠の外で動員された」と話している。

また、三菱重工業を戦犯企業と見るのは難しいとも主張した。朴教授は「三菱を戦犯企業というのも問題だが、企業の研究費が、歴史的、政治的目的で与えられることはほとんどない」とし、ラムザイヤー教授を擁護した。

当該書き込みを通じて朴教授は、自身の著書と関連して告発された時「知ってみると早稲田出身」のような報道があったとし、「このような論理なら、すべての在日韓国人は親日派でなければならない」「私を攻撃中の学者・運動家・マスコミは依然として朴裕河=李栄薫=日本の右翼として扱うのは、決定的な違いも微細な違いも彼らには関心がないためだ」と話した。

朴教授は、自身の著書「帝国の慰安婦」と関連して名誉毀損の疑いで起訴されたことがある。

2017年1月25日、朴教授の事件を審理した1審裁判部は'学問の自由は憲法上保障された基本権であり、朴教授が主張する内容が従来の慰安婦の社会評価に深刻に否定的な内容を与えたと見るのは難しいと判断し、朴教授に無罪を言い渡した。

以降も、韓国裁判所が日本軍慰安婦被害事実を訴えた原告12人に対する日本政府の賠償責任を認めた判決について「裁判部の慰安婦認識に問題が多い」と批判的な意見を出すなど、日本軍慰安婦と関連した発言を続けている。

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/57690378.html




管理人
カイカイ反応通信さんから韓国人の反応を抜粋
韓国人
お前の娘が15歳で連行されて1日に30人の日本軍にやられてもそんな言葉が出るか
韓国人
15歳で連行されたのではなく、父親が売り飛ばしたのだ!
ちょっとは勉強しろ!
韓国人
高所得なので自発的に売春した女性もおり、人身売買されて朝鮮人情夫に捕えられて強制的に働かされた女性もいて状況は様々だった
それを歴史という名の下で「はい」「いいえ」2つだけで定義づけることができるのか?
韓国人
あいつは独島を共有しようという発言までした人間である
韓国人
独島は歴史的にも国際法的にも、日本の領土で正しい
認めることは認めよう
今は韓国警察が開き直って国際法違反を犯して占領中であり、独島が韓国領土と主張する最小限の大義名分があるだけだ
もし、独島問題で日本と国際法で裁判になれば日本が100%勝つ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.