<新潮>朝日新聞が創業以来の大赤字で社長交代 販売店を活用して「出前館」をやるもダメ、社内でアイデアを募って、小さな事業を次々と展開するもダメ…〜ネットの反応「女を社長にしたらいいらしいぞ?w」「本業の不動産で頑張れよ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




 朝日新聞は、2020年9月中間連結決算で419億円の赤字を計上した。その責任を取る形で4月1日付で、渡辺雅隆社長(61)が退任する。先日、その後任に中村史郎副社長(57)が昇格することが発表された。新体制となる朝日新聞は、果たして苦境から脱することができるのか。

 ***

 朝日新聞の20年9月中間期の売上は1390億円で、前年同期比で22・5%減。純利益は419億円の赤字で、前年同期は14億円の黒字だった。2020年度の通年決算では、経常利益で約170億円の赤字になる見通しという。

「巨額の赤字は、コロナだけが原因ではないでしょう」

 と語るのは、元朝日新聞の販売管理部長の畑尾一知氏。同氏は2018年に、『新聞社崩壊』(新潮新書)を出版している。

「赤字に転落したのは、ここ数年の放漫経営のツケがまわってきたからです。本業をおろそかにして、場当たり的な新規事業を次々に展開しています。誰がみても成功するとは思えない事業ばかりです。たとえば『朝日自分史』。一般の方の自分史を、記者経験者が取材をして編集、本にまとめるというものですが、利益は出ていません。それから、販売店の配達ネットワークを利用してデリバリーサービスを4年前に始めましたが、昨年やめています」

「出前館」と提携

 あまり知られていないようだが、朝日新聞は2016年12月、日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」の株式5%(約15億円)を取得、新聞販売店でデリバリーサービスを開始した。ところが、販売店で宅配代行を行ったのはほんの一握りしかなく、昨年6月に提携を解消している。

「社内でアイデアを募って、小さな事業を次々と展開したわけですが、どれも成功していません。事業展開のためのビジョンがないんですよ。色々事業をやれば利益が生じるのではないか、という安易な発想なので、うまくいくはずがありません」(同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/390dc03e18eb266f124307afd694ae1d93479895




管理人
ネットの反応
名無し
寧ろコロナがどう関係すんの?
名無し
どうせ不動産で生き残るんだろ、どうでもいいわ
名無し
ざまあああwwwwwwww
名無し
不要不急の新聞
名無し
コロナで不安煽りまくって自分の首も絞めるスタイルざまあw
名無し
自分を賢いと思ってる馬鹿が読むもの
名無し
女を社長にしたらいいらしいぞ?
名無し
これだなw
名無し
朝日が作った売春婦の話、今盛り上がってるだろ。
食い込んでいけよw
名無し
本業の不動産で頑張れよ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.