<李宇衍氏(『反日種族主義』共同執筆者)>ようやく崩れ始めた「慰安婦強制連行説」の虚構 元慰安婦の「証言」の一番の問題は、一貫性がないということだ~ネットの反応「マスゴミが報道しなかっただけで、みんな知ってた」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




■ ラムザイヤー論文批判の中身

 (李宇衍:『反日種族主義』共同執筆者)

 ハーバード大学のラムザイヤー教授は自身の論文にて、慰安婦と慰安所は契約の関係であったと主張した。これに異を唱える韓国や米国の研究者の一部は、いまだに批判を続けている。批判の中核は、契約の関係を立証する契約書、つまり契約内容の書かれた「紙」を提示できないということだ。ここには、合意内容を必ず文書に残す欧米の契約文化と、口頭契約の依存度が高かった韓国の契約文化との違いを理解していないという背景がある。

 「契約書がない」という批判は、「契約自体なかった」という「確信」がベースにある。「契約がないのだから契約書も当然ない」という論理だ。批判者たちに共通しているのは、女性たちは契約ではなく日本の軍人や警察、官吏などに強制連行されて慰安婦になったという認識である。「強制連行だったのになぜ契約書や契約の話が出てくるのか」と責めているのだ。

 批判者たちは「確信」する根拠が山ほどあるという。「被害者」である元慰安婦たちの「証言」、「加害者」である吉田清治氏の「告白」、1992年に吉見義明氏が発見したという「強制連行」を指示した日本軍の文書、1993年に日本政府が発表した「謝罪」の織り込まれた河野談話、1996年に国連人権委員会で公表されたクマラスワミ報告書のように、アムネスティ・インタナショナルや国際法律家委員会(ICJ)などのNGO(非政府組織)が発表した各種調査結果である。だが、その「確信」のベースになった「証拠」の中で、いまも健在なのは元慰安婦の「証言」のみだ。それ以外はすべて虚構か、あるいはこの「証言」を根拠にしたものである。

 国際機関の報告書はどれも元慰安婦と吉田清治氏の証言、日本軍の文書、河野談話に拠っていた。河野談話は、「被害者と加害者の証言があり、これを客観的に立証する日本軍の文書がある」と多くの人が確信する状況において、追い込まれた日本政府が作成したものだ。しかしその後、その日本軍の文書は「強制連行」と無関係であることが立証され、他の文書は発見されていない。また、吉田清治氏の「告白」は創作だったことが明らかになる。日本で吉田氏を集中的に取り上げて報道した朝日新聞は、その名声もむなしく、それらの報道を取り消すに至った。一見すると証拠が山のように積まれているが、実際は元慰安婦の証言だけしか残っていない。

 では、元慰安婦たちの言う「強制連行だった」は信じられるのか。

■ 政治的に「汚染」された被害者の証言

 彼女たちがカミングアウトした1990年代初めの証言は「強制連行」と無関係だった。朝鮮人による就職詐欺や親に売られて慰安婦になったと証言しているのだ。ところが、慰安婦問題が韓国の社会的・政治的問題になり、韓日間の外交問題に発展すると言葉を変え、「強制連行」と言い出した。「証言」が政治的に汚染されたわけだ。その一例を挙げてみよう。

 現在、国の元老のような待遇を受け、自身を独立運動家でもあるかのように振る舞っている元慰安婦の李容洙氏は、1992年8月15日、KBS(韓国放送公社)の番組に出演した。司会者がどのようにして慰安婦になったかを質問すると、彼女は次のように答えた。

 「私はその時16歳で、着られる服もろくにないほど貧しかったのですが、ある人がワンピース1着と靴1足を持ってきてくれました。それをもらった私はうれしくて、何も知らずに付いていきました」

 朝鮮人が犯した典型的な誘拐事件を指している。ところが、そんな李容洙氏が2007年2月16日、米国下院議会の公聴会に証人として出席した時の証言は変わっていた。彼女は次のように「証言」し、米下院が日本を非難する決議案を採択するのに大きく貢献したのである。

 「軍人がその女性と一緒に入ってきて、片手で私の肩を抱き、もう片方の手で口をふさぎ、後ろから背中を何かでつつきながら、私を連れ去りました。(私は)歴史の生き証人です」

 元慰安婦の「証言」の一番の問題は、このように一貫性がないということだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d69a5a5827bb8203e28ac6c410837e7fc94922




管理人
ネットの反応
名無し
●イ・ヨンス
1928年韓国テグ生まれ。
1942年、14歳の時に銃剣をつき付けられて連れてこられた。
1943年、15歳の時に韓国・大邱の家から軍人に拉致され、台湾まで連れ去られ、敗戦で解放されるまでの3年間も慰安婦をさせられた。
1943年、15歳の時に小銃で脅され、大連から、台湾に連行され新竹海軍慰安所で特攻隊員の慰安婦とされた。
1943年、15歳の時に拉致された。まわりの女性は誰も売春婦のようにはお金をもらっていなかった。
1944年、16歳の時に強制連行され、2年間日本兵の慰安婦をさせられた。日本兵に足をメッタ切りにされ、電気による拷問を受けた。
1944年、16歳の時に台湾で特高隊員に口を塞がれて連れて行かれた。
 
(=゚ω゚=)ノ 証言が全部本当なら
ピーチ姫並みだな!
名無し
一番の問題はその嘘を放置してきたことだろ
名無し
マスゴミが報道しなかっただけで、みんな知ってた
名無し
年齢的に一番ぴったりくるのが朝鮮戦争時なんだよな、あいつら
名無し
ジープもヘリもなw
名無し
嘘がまかり通ることを実証した朝日新聞に習っただけ
名無し
日本人の大半はもうウソだと判ってるよ
名無し
捏造ホラ話だから、整合性無く支離滅裂になるのは当たり前
名無し
元凶は朝日新聞




名無し
メディアが一切報じないのは何で?
名無し
産経と文藝春秋以外のメディアは共犯だからさ
名無し
筋書き書いた福島瑞穂があまり
やり玉に挙がらないのはなぜだろう
名無し
田嶋陽子も連行の証拠はいっぱいあると言うだけで、具体的には一切言わないものなあ。
名無し
利権に食い付こうとする団体の数だけ台本有るからね
名無し
戦前から日本は情報戦は弱かったからな、デマでも一度付いた悪いイメージというのは中々拭えないものだから
今度から全力で初期消火しろよ
名無し
朝日デジタルでこの論文の件は検索しても出てこんな
まあ、認めたら都合が悪いから完全無視なんだろう




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.