政治

リベラルな政治学者 三浦瑠麗さん「徴兵制は世論を平和志向に動かし戦争を抑止できる処方箋である」~ネットの反応「まさしくリベラルな物言いだな」「米リベラルの間でも志願制度より徴兵制度の方が平等だって主張はよくあるんだよな」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

米国の衰退と中国の台頭、そしてロシアの軍事的再興-。

冷戦後の安定した国際秩序が流動化する中、欧州の先進民主主義国では国が国民に兵役義務を科す徴兵制復活の動きが見え始めた。
国際政治学者、三浦瑠麗さんの『21世紀の戦争と平和 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)は、徴兵制が持つ効用に着目し、これからの民主国家がいかにして平和を作り出していくかを理論的に考察する。

「平和が大事だということは言うまでもありません。私は国家主義者だと言われることもありますが、自己認識はリベラル。リベラルに徹した上で国家や安全保障を引き受けたからこそ、こういう結論になりました」

現行憲法では「違憲」とされ、また戦前の経験から国民の忌避感も強い徴兵制に、どうして三浦さんは価値を見いだしたのか。その思考の理路は、本書によるとこうだ。

21世紀に入り、民意が十分に政治に反映された先進民主主義国において、シビリアン(文民)政府が専門家である軍の反対を押し切ってリスクの高い攻撃的戦争に踏み切る状況が目立ってきた。
典型的なのが米国による2003年のイラク戦争。文民政治家が軍を統制する「シビリアン・コントロール」の原則だけでは、そうした戦争の発生を防ぐことはできない。

安定した民主国家で市民が好戦的姿勢に走ってしまうのはなぜか。
「それは、実際に戦場に派遣されて戦う『血のコスト』の負担が、志願兵制下で特定の社会層が集まる軍に偏ってしまって、圧倒的多数の有権者や政治家は自ら血を流すことを想定していないから」

7年前のデビュー作『シビリアンの戦争』(岩波書店)で提起したその問題意識の下、三浦さんが民主主義を強化しつつ戦争を抑止できる処方箋として見いだしたのが「徴兵制」だった。

本書では理論面の考察のほか、実際に徴兵制が世論を平和志向に動かした韓国やイスラエルなどでの事例、また最近のフランスやスウェーデンなどでの徴兵制復活の動きが詳細に検討されている。

https://www.sankei.com/life/news/190427/lif1904270018-n1.html
https://www.sankei.com/images/news/190427/lif1904270018-p1.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
リベラルって結局何なのかよくわからん
名無し
パヨクのせいでおかしなことになってるからな
リベラルとあいつらを一緒にしたらだめだよ
名無し
必要だから法律作るんだけど時代の流れで不都合になる
それぶち壊したいのがリベラルでリベラルだから○○ってのは本来無いしあったらパヨク
名無し
アメリカだと、国防のリスクは皆平等に負うべきとの理由で左翼が徴兵制の復活を主張してる。
名無し
まさしくリベラルな物言いだな
政府を動かす選挙民に平和のコストがどんなものか肌身に感じさせる手法としては間違ってないだろうね
名無し
米リベラルの間でも志願制度より徴兵制度の方が平等だって主張はよくあるんだよな
名無し
徴兵制は現代じゃ通用しないんじゃなかったん?
名無し
今は専門性が強いから素人が来ても邪魔だって自衛隊OBが言ってたな
名無し
アメリカは徴兵制廃止から停止状態に戻したのがカーター政権下、民主党だ
10年前ぐらいに徴兵制を停止状態から復活させようと7人の議員が議員立法を提出したが否決になった
7人の議員は全て民主党議員
徴兵制はリベラルな制度。なので徴兵制はしてはいけない
名無し
カントの平和論と通じるものはあるけれども...
血のコストが増したら、いざ有事に流れた血に対する報復感情も増して、排外的な国民世論が収まらなくなっちゃうような気も
名無し
ニートは徴兵で
名無し
スイスのように国民皆兵にして各家庭にアサルトライフルを配備すれば
スイス程度には平和になるのかしらん
名無し
うーん・・・見方によっちゃそういう解釈もできるのかなあ、とは思うけど
ちょっと同意まではいかないかなあ
名無し
リベラルな政治学者はネトウヨ!

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-政治

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.