LINE社長、中国の国家情報法(中共当局への情報提供を義務付ける法律)について「見落としていた」~ネットの反応「企業人が中国の国家情報法を知らないわけないだろ。知らなかったら相当マヌケだぞ?」「んなもん誰が信じるんだよ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




LINEの出澤剛社長、中国の国家情報法は「潮目の変化、見落としていた」情報収集体制の不足認める
3/23(火) 21:02
配信
ハフポスト日本版

無料チャットアプリ「LINE」で、ユーザーの本名や電話番号などが中国の技術者から閲覧可能だったことなどがわかった問題で、LINEの出澤剛社長は、中国当局への情報提供を義務付ける「国家情報法」などの現地の法体制について「潮目の変化を我々が見落としていたというのが偽らざるところだ」と情報収集体制の不足を認めた。
LINEを巡っては、ユーザーの電話番号や本名といった個人情報が、業務委託先の中国・大連の拠点にいる中国人技術者から閲覧可能だったことが分かっている。

「トーク」と呼ばれるチャット記録もアクセス可能だったが、こちらは暗号化されていたという。情報が保管されていたサーバーにはこれまで32回のアクセスがあったが、LINE側は不適切な事案はなかったとしている。

LINEの出澤社長は3月23日、都内で会見を開き報道陣の質問に答えた。

中国では2017年に、民間企業などに当局の情報収集活動への協力を義務付ける「国家情報法」が施行され、中国にLINEユーザーの個人情報が渡った場合、当局に提供されるリスクが懸念されている。

LINE側はこうした中国の法制度を認識していなかったか、出澤社長はハフポスト日本版の質問に対し「中国での開発を長い間続けていたが、国家情報法というタイミングでの潮目の変化を我々が見落としていたのが偽らざるところかなと思います。言い換えればユーザーへの配慮が足りなかった。実態としてはそういう状況です」と明かした。

その上で、情報収集体制への不足はないか問われると「現状、こういった信頼を失う事態になっていますので、情報収集に対する感度、もちろん情報は入っていましたが、そこに対する手立てがやはり不足していた」と認めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/050bf331aa8f6070891cc1b9c1858ae6ee45f203




管理人
ネットの反応
名無し
2017年6月、中国は「国家情報法」という法律を施行した。
第7条で中国国民は国家の諜報活動を支援する義務があるとし、第14条では諜報活動を行う機関は企業、国民に対して必要なサポートや支援、協力を要求することが許されると規定している。
名無し
クルクルパーじゃねーかw
名無し
いやいや
確信犯だろう。
知らないはずがない。
名無し
中国の国家情報法を知らないわけないだろ。
本当に芯からウソつきなんだな、こいつら。
名無し
国家情報法が怖いのは外国人も適用される
中国で拘束される邦人が増えてるわけだから、本人だけでなく身内もSNSの発言は注意すべき
LINEで知人をすぐ探せるのは携帯電話の電話帳の情報だからな
名無し
つまりLINEは信用できないって話か
情報に対してその程度の認識
名無し
んなもん誰が信じるんだよ
名無し
見落とし=容認
名無し
んなわけねーだろ
ITも政治も法律もド素人の俺でも国家情報法のこと知ってたぞw
名無し
昔の吉兆の言い訳より酷いw
名無し
こんな信用出来ない企業なかなかないぞ
名無し
見落としてたなんてウソに決まってんだろw
初めから織り込み済みだろが
名無し
データ中国共産党に流してましたとは言えんからなw
名無し
情報を共産党に出さないと罰せられる中国人
少なくとも上海からサーバーに36回アクセスw
名無し
それでも多くのバカどもは使い続けるんだろ?




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.