【琉球新報】暴走アベ政権に怒りの声をあげないのは異常 国民の政治的リテラシーが低下している~ネットの反応「しょっぱなの前提がおかしいんじゃないですかね」「あなたたちが異常なだけでは?」「俺達マスコミ様に従わないのは異常!って言いたいのか?」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

《もしあなたが不正義が行われている状況で中立なら、あなたは圧政者の側を選択したことになる》。
これは著者が引用しているアパルトヘイトに立ち向かったツツ牧師の言葉である。
県知事選、県民投票、そして衆議院補欠選と「辺野古新基地建設反対」の県民意志が明確に示されたにもかかわらず、辺野古の豊かな海に土砂を投入する暴虐が権力を導入して、暴力的に強行され続けている。

このような時、私たちはどうしなければならないか。
その理不尽を止めるために行動し、怒りの声をあげるというのが、仮にも国民主権を掲げる民主国家の国民の正常な感覚である。
だが現実はそうはならない。「どちらとも言えない」「分からない」という中立を装う立場が幅をきかす。
《国民の政治的リテラシー低下》と氏は指摘する。
《人権や自由が抑圧され……国連特別報告員に警告を受ける今の日本でさわやかな沖縄人や上品な女性でいるより、怒れる沖縄女性でありたい》と氏は決然と述べる。

氏はこのようなきっぱりした姿勢から、沖縄の地元紙の論壇・声欄に投稿を続けてきた。
本書はそのような怒りの声=沖縄の怒りを一冊にまとめたものである。
著書はⅣ章から成る。
I章 基地問題・辺野古・沖縄の尊厳回復、Ⅱ章 政治的リテラシー・教育・カジノ問題、Ⅲ章 政治への「怒」・TPP・憲法、
Ⅳ章 新聞各紙への投稿・書評。取り上げた事象は多岐にわたり、個別的でありつつ、普遍的である。
何よりも、起こった事象に即座に自分の見解を鋭く切り込んでいる。

《東京で通訳の手伝いでオリバー・ストーン監督とピーター・カズニック氏の末席を汚した》という経歴を持つ著者は、名桜大の英語の教授を務め、国際会議で同時通訳をこなす国際的な体験の持ち主である。
氏の怒りは辺野古問題にとどまらない。暴走するアベ政権全般に向けられている。
理不尽な事象への激しい怒りを述べる彼女であるが、本書と同時に発刊した詩集『沖縄から 見えるもの』においては、実にナイーブな知性と感性を見せてくれる。本書と併せて薦めたい本である。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-913454.html
https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201905/b95870f6d4f02842861b4d16bf199ef0.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
と意味不明な供述を行っており
名無し
そう思うならそうなんだろ、お前の脳内ではな
名無し
しょっぱなの前提がおかしいんじゃないですかね
名無し
一帯一路で沖縄を使えとか勝手に言ってる知事の方がよほど暴走してるけど、怒りの声を上げないのは、沖縄県民の政治的リテラシーが低下してるんじゃないっすかね?
名無し
市民じゃなくていいのかよw
名無し
暴走に見えるのはお前らが逆走してるから
名無し
共産主義者が怒り狂ってるだけ
名無し
あなたたちが異常なだけでは?
名無し
異常なのはお前らだろ
名無し
北朝鮮だって『自分たちが正しい』と思ってるよ
名無し
左翼が公教育の実権握ってたのに左翼思想が通用しなくなったのもそのリテラシーが上がったからじゃんw
名無し
読むと馬鹿になります
名無し
安倍ちゃんはなんだかんだあるが仕事してる
対してマスコミはと言うと・・・
名無し
俺達マスコミ様に従わないのは異常!って言いたいのか?
名無し
俺様の思い通りに動かない奴らはバカ!
こういうのが権力握ると大虐殺を行います
名無し
政府に逆らうのがジャーナリストの仕事、みたいな勘違いしてる連中が団塊世代に多いからな。
名無し
左翼は自分の意見だけが正しくてそれ以外は徹底的に排除するからな
左翼に言論の自由なんてない
名無し
異常なのは沖縄メディア

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする