時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

新聞各社、発行部数の減少を食い止める秘策を思いつく⇒ 「認知症や一人暮らしの高齢者がターゲットに」 NGOが外国特派員協会で、海外のジャーナリストに向けて実態を報告~ネットの反応「高齢者相手のオレオレ詐欺と同レベルの反社」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




「新聞の押し売り」コロナ禍でも減らず、認知症の高齢者らがターゲットに 報道NGOが警鐘

新聞販売の現場で、高齢者を狙う悪質なトラブルが頻発しているとして、元新聞記者が編集長を務めるジャーナリズムNGOが警鐘を鳴らしている。

4月7日、都内の日本外国特派員協会(FCCJ)で会見が開かれ、海外のジャーナリストに向けて、実態が報告された。

認知症や一人暮らしの高齢者が執拗な勧誘にあい、契約させられるなどしており、国民生活センターには毎月100件ほどの相談が寄せられているという。

●「何度も断ったが押し切られ」

会見を開いたのは、今年3月に「ワセダクロニクル」から改称した「特定非営利活動法人Tansa」の編集長・渡辺周氏。元朝日新聞の記者で、2020年12月から「高齢者狙う新聞販売」という探査報道を続けている。

渡辺氏らが国民生活センターに情報公開請求をしたところ、高齢者への新聞販売に関する相談は毎月100件ほどあり、緊急事態宣言中だった2020年4月では148件、同5月で126件あったことがわかったという。

中には次のようなものもあったという。

「介護施設でヘルパーをしているが、認知症の利用者が強引に契約させられ、代わりに解約交渉しているが不安になった」(2020年1月)

「一人暮らしの母の所に新聞勧誘員が来て30分くらい粘られた。目が悪くて字が読めず、何度も断ったが押し切られ契約してしまった。解約したい」(同4月)

「母親が認知症なので、知らない間に新聞の契約をしてしまい、何社も契約している。今日、契約書を見つけた。どうしたらいいか」(同5月)

渡辺氏は、「家族や介護ヘルパーがいたから相談できるが、家族と疎遠だと難しい。月100件の苦情はごく一部でしょう」と指摘する。

●「新聞はまったくペナルティーを受けません」

悪質な営業の背景には新聞社の厳しい経営状況があるという。

全国紙・地方紙・スポーツ紙を合わせた2020年の発行部数は3509万部で、前年から272万部減った。前年比7.2%減で、減少幅は過去最大だ。

(以下略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f156a8281a2e8efd6959c30b15cc991ff9ec863




管理人
ネットの反応
名無し
これマジであるよ
もう何年も前の話だけど、物忘れ激しい祖母に押し売りに来て
ほとんど読まないのに5社くらい契約させられてた
流石に新聞社と交渉して契約期間より前に解約したわ
名無し
新聞の信頼が失われた結果が文春砲って、日本の新聞ってほんと終わってんな
まぁそんな雑誌をソースにする情けない新聞記者がいるぐらいだから仕方ないか
名無し
これ昔からやってきたことじゃん
コロナ関係ない
名無し
認知症を狙うの昔からやってるよな
名無し
新聞社とかいう反社会的勢力
名無し
携帯キャリアも年寄り騙して不必要なオプションてんこ盛りにするしな
名無し
高齢者相手のオレオレ詐欺と同レベルの反社
名無し
訪問販売禁止すればいい
名無し
嘘記事に金払って洗脳されて嬉しいの?
 
国の借金がー
国民一人一人の借金がー
1千万円
 
あほか
名無し
資源の無駄遣いやめれや





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.