高須院長宅に泥棒 金塊7キロ取られる…時価総額は3千万円以上「命取られなくてよかった。もうけた。なう」~ネットの反応「たしかにツイッターで留守なのバレるもんなあ」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

高須クリニックの高須克弥院長(74)が8日、自身のツイッターを更新。留守中の自宅に泥棒が入り、盗難被害に遭ったことを明かした。

 高須院長は「しばらく留守にしているうちにかっちゃんの家に泥棒が入った。警察の話しでは5月4日深夜の2時に三人組の男がバールで玄関の鍵を壊して侵入したらしい」とつづり、破壊されたドアの写真を投稿。

 「ヘソクリ全部取られた。SECOMとAMEXの保険の対象になるそうだが被害額がわからん」と盗難されたことを明かしたが、「命取られなくてよかった。もうけた。なう」と前向きに捉えていた。

 フォロワーからは「盗られてしまった物は残念ですが、命があって何より」「犯人達と居合わせなくてご無事で良かったです」など安どの声が寄せられているほか、「ツイッター見てて留守だと知っての犯行ではないですか?留守でも誰かがいると言った方が防犯になるのでは?」「SNSの時代やはり旅行などを載せるの危険ですね」「Twitterで不在を確認してる可能性ありですな」との声も上がっている。

2019年5月8日 13時16分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20190508-OHT1T50097.html

「高須クリニック」院長の別宅に空き巣、金7キロ盗まれる

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の愛知県日進市にある別宅が空き巣被害に遭い、金の延べ板計7キロなどが盗まれていたことが8日、愛知署への取材で分かった。金の時価総額は3千万円以上とみられる。

 同署によると、4日午前3時ごろ、契約している警備会社が110番。玄関のドアがバールでこじ開けられ、1枚1キロの金の延べ板7枚のほか、ノートパソコン1台が盗まれていた。駐車場の防犯カメラに2、3人の不審な人物が写っていた。当時、別宅は留守だった。

 高須院長は8日、「しばらく留守にしているうちに泥棒が入った。ヘソクリ全部取られた。命取られなくてよかった」とツイッターに投稿した。

https://www.sankei.com/affairs/news/190508/afr1905080024-n1.html

管理人
ネットの反応
名無し
危ないなー
セキュリティはしっかり
名無し
たしかにツイッターで留守なのバレるもんなあ
自分が留守の間は事務局の人間住まわせるとかしたほうがいいかも
名無し
金塊七キロとか、自宅に置かない方がいいんじゃねえの?
名無し
保険入ってるんだろ?
名無し
シリアルナンバー入りのインゴットでナンバー控えてたら売れないんかね?
名無し
留守番とか家政婦とかいないのか?
名無し
YES! 空き巣クリニック!
名無し
セコム意味あんの?
名無し
おれが10円落としたくらいのダメージ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする