「H&M」ベトナムでも不買運動 H&Mがホームページ上の南シナ海地図を中国の意向に沿って書き換えたため

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




朝日新聞デジタル

 中国新疆ウイグル自治区の人権状況をめぐる問題に絡んで、新疆産の綿花を使わないと発表したスウェーデンの衣料品大手「H&M」に対する不買運動の呼びかけが、中国に続いてベトナムでも広がっている。

 ただし、運動の原因は全く異なるようだ。

 「お客さんは普段よりも少ないが、ボイコットのせいかは分からない」。5日午後、ベトナムの首都ハノイ市内にあるH&Mの店舗で、男性店員は戸惑いながら話した。客はほとんどおらず、店内は閑散としていた。

 地元メディアによると、ベトナムで同社に対する不買運動の呼びかけが始まったのは2日夜だった。

 中国・上海市当局がこの日、H&Mの地図に問題があるとして中国の運営会社側に聴取し、改善を求めたと発表。米ABCニュースは、同社が店舗案内のために公式サイトに掲載している中国の地図について、中国当局の指示に従って修正することに同意したと伝えた。

 ベトナムではこうした動きに対して、フェイスブック(FB)などのソーシャルメディア上で、反発の声が広がった。

 H&Mのホームページでは現在、店舗の所在地を示す地図が表示されなくなっており、地図のどこが問題でどう修正したか詳細は明らかになっていない。しかし、ベトナムが中国と領有権を争う南シナ海について、中国がほぼ全域の管轄権を主張する「9段線」を、中国の主張に沿って掲載する修正だと受け止められた。

 ベトナム国民の間に反中感情が強く、領有権を巡る問題で中国への警戒感があるためとみられる。

外部サイト
https://news.livedoor.com/article/detail/20008186/

[ストックホルム 2日 ロイター] - 中国当局はスウェーデンのカジュアル衣料チェーン、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)に対し、同社ホームページ(HP)上に掲載された地図を変更するよう求めた。ABCニュースが2日、報じた。

H&Mは昨年、新疆ウイグル自治区での人権侵害に懸念を表明しており、最近になって中国の反発を招いている。

ABCニュースによると、上海市政府がH&Mに対し「問題のある中国の地図」を訂正するよう求めた。

ABCニュースは上海市政府の声明を引用し、インターネット利用者が地図上の問題をH&MのHP運営者に報告し、上海市当局が同社に変更を命じたとも報じた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルはサイバー空間の管理に携わる国家インターネット情報弁公室の話として、H&MのHP運営者が対策を講じたと伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acd91cc12d03c4c87ff55679aba7ce3911c9b38f




管理人
ネットの反応
名無し
世界は一致団結して中国包囲網を作って追い詰めていかないと中国の横暴は止まらないと思う。
名無し
中国がどんなに「捏造だー!」と吠えても無駄です。
少し前なら、信じる人いたかもしれませんが、残念ながら、もういません。
中国の信用は地に落ちたのですよ。
名無し
H&Mが竹島を韓国の領土に表記しても日本は何も反応しないだろうね
名無し
全企業は中国から引き上げるべき




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.