朝日新聞「今現在の処理水を70歳になるまで毎日約2リットル飲み続けても、自然界から受ける被曝量と同等かそれ以下。福島第一原発の処理水はこれをさらに40分の1まで薄める。風評被害の対策が欠かせない」~ネットの反応「珍しく朝日が本当のこと言ってるな」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




汚染水は、事故で溶け落ちた核燃料がある原子炉建屋に、地下水や雨水が流れ込むことで、日々発生している。ほとんどの放射性物質を除去できる多核種除去設備(ALPS)で処理しているが、取り除けないのがトリチウムだ。

 トリチウムは三重水素とも呼ばれる放射性物質で、化学的には水素と同じ性質を持つ。通常は水の形で存在し、普通の水に混ざっているため、分離が難しい。

 ただ、トリチウムが出す放射線は弱く、紙一枚で遮れると言われている。自然界でも宇宙からの放射線で日々トリチウムが作られていて、12・3年で放射能は半分になる。今回政府が決めた海洋放出による処分では、海水で薄めてトリチウムを基準を満たす濃度にして放出することになった。

 国内外の原発や、使用済み核燃料の再処理工場からも、トリチウムは濃度や量を管理して出されており、震災前は全国の原発から毎年計350兆ベクレル前後が海に放出されていた。

 国の放出基準は1リットルあたり6万ベクレル。この水を70歳になるまで毎日約2リットル飲み続けても、被曝(ひばく)は年間1ミリシーベルト以下におさまるという。日本で1年間に自然界から受ける放射線による被曝量と同等かそれ以下で、国際的に許容されるレベルにとどまる。

 福島第一では、この基準の40分の1まで薄めるとしている。すでに次々に増設したタンクにたまる処理済み汚染水は約125万トンにのぼり、タンクの水に含まれるトリチウムは900兆ベクレル近くある。海水で薄めながら何十年もかけて流すことになる。

 放出する際には、基準を満たすかきちんと確認し、情報を公開する必要がある。放出した後も、海での影響評価のモニタリングや風評被害の対策が欠かせない。(藤波優、小坪遊)

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASP4F2SX0P4DULBJ00Q.html




管理人
ネットの反応
名無し
朝日新聞どうしたんだ?
名無し
朝日、どうしちゃったの?
科学的事実を書くなんて
名無し
朝日がとうとうマトモな報道をするように
名無し
トリチウムは水道水にも含まれているしな
名無し
朝日、この記事は褒めてやる
名無し
珍しく朝日が本当のこと言ってるな
俺は食べて応援するょ
名無し
ふーん、ならお前ら毎日飲んでみろよw
名無し
言われなくても毎日飲んでるし、風呂にも入ってるよ、お前もな
名無し
それでも、騒ぐ立憲って潜在価値あんの??自分らのしりぬぐいしてんだろ
名無し
代案も出さずに「もっと考えろ!」と言うだけだからな
あんな仕事なら小学生でもできる
名無し
消毒のカルキが濃いから危ない!飲めるかこんなん!って騒ぐようなもん
名無し
朝日新聞といえどもさすがにこのネタで非科学的な誘導は出来んだろう
むしろ除染利権のために周知を疎かにしてきた政府が悪い




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.