4000億匹のバッタ「日本襲来の可能性」~ネットの反応「長野県民だけではおっつかねえな」「なんでも大袈裟にパニック煽るな。そんなに飛ばねーよ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




「忘れもしない5月25日の午前10時頃、私が取材で訪れていたインド・ジャイプルに奴らが来ました。
無数の羽音が近づいてきたかと思うと、晴れた空が一瞬にして黒い雲に覆われた。
町中の人が外に出て、プラスチックの容器を必死に叩いて音を出し、奴らを追い払おうとします。しかし、数が多すぎて効果はあまりない。
住民たちと一緒に外に出たはいいが、ひとたび口を開けたら奴らが入ってくるんじゃないか、そんな恐怖を覚えながら、口を固く閉じ、ただただ過ぎ去るのをじっと待つしかありませんでした……」
ニューヨークタイムズ紙のインド・ニューデリー支社に勤めるスハシーニ・ラジ記者は、おびただしい数のバッタと遭遇した日をそう回想する――。


https://amd.c.yimg.jp/amd/20200618-00000004-friday-000-1-view.jpg

新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ人類に、もう一つ未曾有の災厄が襲いかかる。「サバクトビバッタの大群」だ。
農学・昆虫学を専門とする東京農業大学の足達太郎教授が解説する。
「本来サバクトビバッタは、1匹単位で生活する大人しい種です。しかし、一昨年から昨年にかけて、東アフリカで季節外れの大雨が降った影響でバッタが大量発生した。すると、性質に変異が生じ、翅(はね)が長く獰猛で群れを作る種が生まれました。その種が長距離を大群で移動して、各地に被害を及ぼしているのです」

過去70年で最大規模とされるバッタの大群は、生まれ故郷のアフリカを出発し、各地で農作物を食いつくしながら東進中。現在インドに到達した。
中国政府は警戒を強め、ニュース番組は連日のように『4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている』と報道。
中国農業科学院植物保護研究所の研究員は、6月中にバッタが飛来する可能性を示唆している。

足達教授は話す。
「変異して群れるようになったバッタは、季節風に乗って飛ぶ。風がうまく吹けば、数千㎞飛ぶことも可能です。過去には、西アフリカからカリブ海諸島に到達したという記録もあります」

当然、日本も他人事では済まされない。
中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って海に隔てられた2000㎞をやすやすと越え、日本列島へと飛来することは十分にあり得るのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64be035be61cb413d7cd14c0b001ba72990ae4b0




管理人
ネットの反応
名無し
4000億って誰が数えたの?
名無し
主催者発表
名無し
この教授やばくね
普通にアホだろ
自然的には中国にすら到達しない
ただ貨物などに付着した幼虫卵から拡大する懸念は問題化されてる
名無し
風に乗って来るとか単なる記事の最後の頭の悪い記者の妄想じゃん
まるで教授が言ってるみたいに書き足してるw
名無し
そこまで上空なら寒さで死ぬのにね
名無し
一ヶ月前の記事じゃん
今はどうなんだ?
名無し
いまはパキスタン・インド西部あたり
http://www.fao.org/ag/locusts/en/info/info/index.html

名無し
長野県民だけではおっつかねえな
名無し
日本のバッタと違って硬くて食えないそうだ
名無し
既に旧満洲に居るって話
名無し
朝鮮半島コースなら来てもおかしくないな
名無し
あれ結局中国に届かなかったってニュース見たけどどっちだよ
名無し
アフリカの奴とは別にチャイナで沸いたんだと
名無し
ヒマラヤ山脈があるから無理だよ
インド国内にも東ガーツ山脈があるから虫には超えられない
名無し
黒竜江省の蝗害は標高1500mのところも通ってロシア側に雪崩れ込みそうだから比較的低地な山脈だとすり抜けるようだが
名無し
昆虫が生存出来ないくらい低温の上空を飛んで日本まで飛来するのかな?
そいつは物凄い変異だなwww
名無し
お粗末な学者ですな
名無し
なんでも大袈裟にパニック煽るな。そんなに飛ばねーよ
名無し
南シナ海を越えるかどうか
名無し
来ねーよw
ばっかじゃねーの?
水平線に向かってイナゴが飛ぶと思うか?
名無し
愛知県民「俺バッタ」
名無し
こいつら凶暴化して毒のあるものも食べてるから長野県民でも無理だぞ
名無し
日本海を飛べる虫は存在しない




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.