「祖国日本を守った沖縄県民だからこそ憲法改正に力を尽くす」弁論大会で優勝した沖縄の青年語る~ネットの反応「こういうのは八重山日報しか報じないな」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

「日本民族にとっての沖縄」をテーマにした青年弁論大会(主催・沖縄県祖国復帰47周年靖国集会実行委員会)が12日、東京の靖国会館で開かれ、県出身者など8人が熱弁を振るった。

宜野湾市出身の神谷龍さん(24)が優勝した。
沖縄戦の歴史を振り返り、復帰記念日である5月15日について「英霊、沖縄、祖国が一体となった日本民族共通の歴史だ。日本民族にとって沖縄とは同胞、一体である」と訴えた。

神谷さんは学生だった昨年、戦力の不保持を定めた 憲法9条の改正を巡り、大学生を対象にアンケートを行った。
多数が自衛隊の明記に賛成したが、中には「自分には関係ない」「戦争になって被害を受けるより白旗を挙げた方がよい」などと発言する学生もいた。
「この実態に危機感を覚えた。祖国日本を守った沖縄県民の後に続く者である自分こそ、憲法改正に力を尽くす決意を固くした」と強調した。

埼玉県川越市出身の小西沙紀さん(25)が準優勝、糸満市出身の池澤盛之さん(38)が3位に入った。
大会では①3年後の復帰50周年を日本国民全体で祝い、1万人規模の大祭典を開催する ②祖国復帰記念日を国民の祝日にするよう政府などに働き掛ける―ことなどを盛り込んだ決議文を採択した。
弁論大会は、復帰に尽力した先人の思いを引き継ごうと、一般社団法人日本・沖縄研究政策フォーラム(仲村覚理事長)を中心に初めて開かれた。


https://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6986
https://www.yaeyama-nippo.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/05/20190517_seinenbenrontaikai.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
沖縄にもしっかりとした人がいるんだね
名無し
沖縄タイムス・琉球新報「無視無視w」
名無し
こういうのは八重山日報しか報じないな
名無し
報道しない自由発動!
名無し
9条堅持とは、これからも米軍に頼ることである。
米軍基地反対とは、9条改憲することである。
日本国民は、しっかり考えて決断しなければならない。

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする