「親子といえども漏らしてはならない」江戸時代の『忍者の誓約書』が、忍者の子孫宅から見つかる 「誓約を破った場合には子孫の代まで神にたたられる」との記述も~ネット「で、子孫にバレたわけだが」「約束と言う概念があるから、忍者の起源が某国ではないと分かる」

この記事をシェアする

“親子といえども忍術書の内容などを漏らしてはならない”。
江戸時代の「忍者の誓約書」が今月、三重大学に預けられた資料の中から見つかり、研究者は「秘密を守る忍者の厳しい姿が伝わる貴重な資料だ」としています。

三重大学に預けられたのは「敬白天罰霊社起請文前書」(けいびゃく てんばつれいしゃ きしょうもんまえがき)という古文書で、三重県伊賀市の旧家に残されていました。

古文書を保存していた旧家は江戸時代、この地方を治めた大名の藤堂家に仕えた忍者の子孫にあたり、今月、三重大学と古文書を預ける契約を結びました。

三重大学国際忍者研究センターの高尾善希准教授によりますと、古文書は、およそ300年前、当時の木津伊之助という忍者が忍術を悪用しないことなどを師匠に誓った誓約書だということです。

高尾准教授によりますと、この中には「喩親子兄弟たりといふ共他見他言仕間敷候」(たとい おやこ きょうだいたりというとも たけんたごんつかまつる まじくそうろう)と書かれ、
親子といえども忍術書の内容などを漏らしてはならないと厳しく戒めるなど、6つの約束が記されているということです。

そのうえで、もし誓約を破った場合には子孫の代まで神にたたられることになると強い言葉で警告する言葉も書かれているということです。

高尾准教授は「忍術を学ぶ江戸時代の忍者の姿がうかがえるだけでなく忍者の秘密を守る態度が非常に厳しく貫かれていたことがわかる貴重な資料だ」と話していました。

この子孫の家には、このほか、130点余りの古文書が残され、これらも三重大学に預けられたことから高尾准教授らは今後、解読を進めることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181127/k10011725551000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181127/K10011725551_1811271741_1811271748_01_02.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
今の企業コンプライアンスと一緒やなw
名無し
で、子孫にバレたわけだが
名無し
守秘義務か
名無し
で、祟られてロクなことのない人生を歩んでいる子孫というのが
ここにいる奴らということだな
名無し
約束と言う概念があるから、忍者の起源が某国ではないと分かる

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

非常時スマホソーラーチャージャー


この記事をシェアする