日米安保破棄は「事実無根」 米国務省、ブルームバーグ報道を否定 「日本は地域の課題に対処する上でこれ以上ないパートナー」~ネットの反応「フェイクニュースか」「米国がアジアの覇権を中国に明け渡すわけだろう」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

【ワシントン時事】米国務省当局者は25日、トランプ大統領が日米安全保障条約の破棄に言及したとのブルームバーグ通信の報道について、取材に対し「事実無根だ。米国は日米安保条約を守る」と否定するコメントを出した。

同当局者は「日米関係はかつてなく強固で、地域の課題に対処する上でこれ以上ないパートナーだ」と説明。その上で、日本への米軍の展開について「インド太平洋地域における国家安全保障上の利益を守る能力を提供している」と指摘し、米国の国益にかなうものだとの認識を強調した。
 一方、同盟国に対し「公平な分担」を求める考えも表明。在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の特別協定が2021年に更新時期を迎えるのを念頭に「同盟関係とその能力の強化に資する形で議論していく」と述べた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062600479&g=int

※関連ツイート

※関連ニュース

政府、「安保破棄」打ち消し=日米同盟への打撃懸念

日本政府は25日、トランプ米大統領が日米安全保障条約の破棄に言及したとの米通信社報道を打ち消し、日米同盟は健在であると強調した。

報道を放置すれば、同盟の信頼性に疑義が生じて日本の安全保障環境に響くだけでなく、日米関係を外交の基軸に据える安倍政権にとって打撃になりかねないとの懸念がある。

「報道にあるような話は全くない」。菅義偉官房長官が25日の記者会見で米報道についてこう語ると、外務省幹部もホワイトハウスから報道を否定する説明があったと強調。別の幹部も「フェイク(偽)ニュースだ」と断じるなど一斉に火消しに走った。

これまでトランプ氏の奔放な言動が報じられても直接論評しないのが日本政府の対応だったが、今回は米側の「説明」を基に明確に否定した。日米安保は日米同盟の根幹だけに、報道内容が独り歩きすることへの危機感の大きさがうかがえる。

もっとも、トランプ氏は2016年の大統領選中に「日米安保条約は不公平」と発言。在日米軍の駐留経費の全額負担を要求し、米軍撤退もあり得るとの考えを示していた。今回の報道は、同盟国への防衛費負担に不満を募らせてきたトランプ氏の過去の主張の延長線上にあるとも言える。 

6/25(火) 19:21
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000130-jij-pol

※関連記事

【朝鮮日報】「南シナ海に軍艦派遣、米国の要請を韓国政府が拒絶」~ネットの反応「日米安保破棄は誤報で、米韓の同盟破棄なんじゃないの?w」

管理人
ネットの反応
名無し
フェイク流したのどこの新聞だよ
名無し
ブルームバーグ
名無し
フェイクニュース流しても懲罰なしか?
名無し
中共の日米分断工作だよ
名無し
報道した捏造マスコミ潰れれば良い
名無し
アジアの覇権を中国に明け渡すわけだろ
名無し
ブルームバーグか
すっかりフェイクメディアで定着したな
名無し
令和はフェイクニュースとの戦いになるな

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする