<対韓輸出規制>西村康稔官房副長官「徴用工の対抗措置でない」 やはり韓国が大量破壊兵器の材料として北朝鮮へ輸出していた可能性も…

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

韓国への輸出規制の発動に、「おや?」と思った方も多いと思う。

オレもそのひとり。

(自称)元徴用工訴訟に対して、あくまでもひとつずつ手順を踏んでいく、というが日本政府のスタンスだったはず。

ICJへの提訴を飛び越えて一気に経済制裁などあるのだろうか…と。

これはあくまでも俺の推測だが、安全保障上の問題ではなかろうかと。

まず、朝鮮日報の5月17日の記事をお読み頂きたい。

元記事はもう既に削除されているのだが、コピーしていた分の一部を転載する。

3年でおよそ3倍…生物・化学兵器系列が70件で最多 第三国経由で北朝鮮・イランに運ばれた可能性も

ミサイルの弾頭加工やウラン濃縮装置などに転用できる韓国産の戦略物資が、このところ大量に違法輸出されていることが16日に判明した。大量破壊兵器(WMD)製造にも使える韓国の戦略物資が、第三国を経由して北朝鮮やイランなどに持ち込まれた可能性もある。

保守系野党「大韓愛国党」の趙源震(チョ・ウォンジン)議員が産業通商資源部(省に相当)から提出を受けた「戦略物資無許可輸出摘発現況」によると、2015年から今年3月までに政府の承認なく韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件に上った。2015年は14件だった摘発件数は、昨年は41件と3倍近くに増えた。
さらに今年は、3月までの摘発件数だけでも31件に上り、急増する様子を見せている。

戦略物資とは、WMDやその運搬手段に転用できる物品や技術のこと。昨年5月には、ウラン濃縮などに使える韓国産の遠心分離器がロシア、インドネシアなどに違法輸出された。17年10月には原子炉の炉心に使われるジルコニウムが中国へ、また生物・化学兵器(BC兵器)の原料となる「ジイソプロピルアミン」がマレーシアなどへ輸出された。「ジイソプロピルアミン」は、北朝鮮当局がマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正男(キム・ジョンナム)氏を暗殺する際に使った神経作用剤「VX」の材料物質でもある。15年9月と昨年3月には、北朝鮮と武器取引を行っているといわれるシリアに、BC兵器製造関連の物資などが違法に輸出された。

戦略物資の違法輸出は、BC兵器系列が70件で最も多かった。通常兵器は53件、核兵器関連は29件、ミサイル兵器が2件、化学兵器が1件だった。韓国では、戦略物資を輸出する際、対外貿易法に基づいて政府の承認を受けるよう定めている。
国防安保フォーラムのヤン・ウク首席研究委員は「北朝鮮の友好国に向けた違法輸出が増え続けており、第三国を経由して北朝鮮に渡った可能性を排除できない」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780021.html

そして今日、経済産業省が公式に発表したのが以下。

抜粋

輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されていますが、関係省庁で検討を行った結果、日韓間の信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況です。こうした中で、大韓民国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていることに加え、大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり、輸出管理を適切に実施する観点から、下記のとおり、厳格な制度の運用を行うこととします。
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190701006/20190701006.html

上記の太字の部分が一体何をさしているのか…

西村康稔官房副長官の今日の記者会見を報じた産経新聞記事。

徴用工の「対抗措置でない」 西村官房副長官、韓国へのスマホ材料輸出規制強化で

西村康稔官房副長官は1日午前の記者会見で、経済産業省がスマートフォンなどの製造に必要な材料について韓国向けの輸出規制を強化すると発表したことに関し、いわゆる徴用工問題をめぐる対抗措置ではないとの認識を示した。「安全保障を目的とした輸出管理制度の適切な運営に必要な見直しだ」と強調した。

西村氏は「韓国との信頼関係の下で輸出管理に取り組むことが困難になっている」と指摘。「韓国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり、より厳格な制度の運用を行うこととした」と説明した。「WTO(世界貿易機関)のルールにのっとっており、自由貿易に逆行するものではない」とも語った。

規制を強化するのは、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミド、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目。日本は韓国への輸出手続きを優遇していたが、個別の出荷ごとに国の許可申請を求める。

3品目は日本が世界でも高いシェアを占めており、軍事目的で使われる恐れがあるため、政府が輸出を管理している規制が強化されれば、韓国の半導体大手サムスン電子などにとっては打撃になるとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00000530-san-bus_all

西村康稔官房副長官が言ってる「WTO(世界貿易機関)のルールにのっとっており…」というのは、安全保障上の理由であれば、貿易をストップしてもWTO規約違反にならないことを指しているものと思われる。

そして産経新聞記事内の「軍事目的で使われる恐れがあるため、政府が輸出を管理している」というのが、まさに先の朝鮮日報が報じた「3年でおよそ3倍…生物・化学兵器系列が70件で最多 第三国経由で北朝鮮・イランに運ばれた可能性も」の記事に結びつき、経済産業省発表の「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり」に帰着するのではないだろうか。

オレの推測どおりなら、韓国は日本から輸入したものを一次的、加工して二次的なものを含めて第三国経由で北朝鮮、イランへと輸出していたのではないだろうか。

大量破壊兵器の原材料として…

もしそうならば、今回の場合、輸出は完全にストップされるものと思われるが…

皆さんは、どうお考えになるだろうか。

皆さんのお考えをTwitterのほうへどうぞ。

※追記 7月2日 関連記事

菅官房長官「韓国への輸出規制強化は『安全保障理由』『徴用』問題の対抗措置ではない」 世耕経産大臣「安全保障を目的に輸出管理の運用を見直すものでいわゆる対抗措置というものでは全くない」

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする