<対韓輸出規制>与党幹部「ある時期、今回のフッ素関連の物品に大量発注が急遽入って、その後、韓国側の企業で行方が分からなくなった。今回のフッ素関連のものは毒ガスとか化学兵器の生産に使えるもの。行き先は“北”だ」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

抜粋

軍事転用可能な物品が北朝鮮に!?

日本で発動された韓国向け半導体材料などに対する今回の措置の背景について自民党・萩生田幹事長代行は4日BSフジのプライムニュースに出演し「(化学物質の)行き先が分からないような事案が見つかっているわけだから、こうしたことに対して措置をとるのは当然だと思う」と話した。

経済産業省の幹部によるとこれらの化学物質の管理をめぐる日韓の対話が文在寅政権下になってからは行われずここ1、2年で日本側の懸念が急速に広まったという。

また、与党幹部によると「ある時期、今回のフッ素関連の物品に大量発注が急遽入って、その後、韓国側の企業で行方が分からなくなった。今回のフッ素関連のものは毒ガスとか化学兵器の生産に使えるもの。行き先は“北”だ」と指摘する。

https://www.fnn.jp/posts/00047123HDK/201907051933_livenewsit_HDK

※管理人記
今年の1月19日のNHKのニュースですが、おそらく「農薬」と偽って輸出していた下記の事件ではないかと思います。(違っていたらごめんm(__)m)
国連が韓国政府に対して情報提供を要請したにもかかわらず、韓国政府は無視し続けている案件です。

※リンク先のNHKのHPでは既に削除済ですが、コピーしていたものを転載。

韓国人による対北朝鮮制裁の違反を調査 国連専門家パネル

北朝鮮に対する制裁決議の実施状況を調べている国連安全保障理事会の専門家パネルが、北朝鮮への送金に韓国籍の男性が関わった疑いがあるとして調査を始めたことがわかりました。

専門家パネルが調査の対象としているのは、韓国籍をもつ男性2人です。

このうち53歳の男性は、北朝鮮が国外で設立した会社から北朝鮮本国への送金が行われた際、香港に登記されている法人を経由させることで、その仲介を行った疑いが出ています。

また、この香港の法人はロシアに支部があり、その代表には北朝鮮大使館に住所を置く男性が就任しているという情報も寄せられたということです。

国連の専門家パネルは、この男性についての情報の提供を韓国政府に要請していますが、これまでのところ回答はないということです。

国連関係者によりますと、韓国では去年の南北首脳会談以降、北朝鮮に農薬を送るなど、制裁決議違反の疑いがある事例が相次いでいるということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190119/k10011783411000.html

※関連記事

<対韓輸出規制>西村康稔官房副長官「徴用工の対抗措置でない」 やはり韓国が大量破壊兵器の材料として北朝鮮へ輸出していた可能性も…

管理人
ネットの反応をTwitterのほうへどうぞ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする