時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

【卓球】水谷隼 金メダルの陰で戦い続けた「中国卓球の不正ラバー問題」 中国選手はラケットの反発力を強くする補助剤を使用 =ネットの反応「なるほど… 中国からすると目障りだった水谷に負けたから余計にキレたのか」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




打倒中国。それは水谷選手にとって、まさに選手生命を賭けて挑んできた長年の課題であり、悲願でした。

個人・団体の両方でメダルを獲得した前回のリオデジャネイロ五輪でも、男子シングルスでは準決勝で当時世界ランク1位の馬龍(中国)に敗れ、3位決定戦に回っての銅メダル。団体では決勝で中国に敗れての銀メダルと、快挙のときであっても常に目の前には中国勢が立ちはだかっていました。

そして、試合以外の部分でも、水谷選手にとって中国は卓球人生をかけて向き合ってきた巨大な壁。それは、「世界一になりたい」という選手としてのプライドだけでなく、「卓球界の未来」を考えてぶつかり続けた相手でした。

象徴的な出来事が2012年、ロンドン五輪後にありました。実はこの時期、水谷選手は国際大会への出場をボイコットしていたのです。その原因こそ、“卓球帝国”中国を中心としていた「ラケットの不正ラバー使用」でした。

―–

僕はこれから、選手生命をかけて卓球界に横行している不正行為と戦っていきたいと思っています。もちろん、アンフェアな状況への憤りがあるからですが、それだけが理由ではありません。このまま不正行為を放置すれば、卓球というスポーツの未来にも暗い影を落としていくという危惧が心の底にあるからです。

~『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より

―–

雑誌『Number』で卓球界に巣食う不正行為を告発し、問題提起したのが2012年11月のこと。国際大会では以前から、卓球ラケットのラバー部分に「グルー」や「ブースター」と呼ばれる接着剤を使用して打球の反発力を強める不正が公然化。この接着剤が人体に悪影響があるとして、2008年に国際卓球連盟が全面禁止を命じても、実質的に野放し状態であることを水谷選手は問題提起。事態改善がなされるまでの「国際大会ボイコット」を宣言したのです。

―–

以下ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a2e64e31ea00735807668d279903d9206e0a486




管理人
ネットの反応
名無し
数ある中国不正行為を堂々と告発し
試合では日本人の力と意地を見せてくれた水谷選手
政治的、経済的な国対国の戦いでも彼のようにあるべきだと日本人は悟った
名無し
まじかよ ( ゚Д゚)
 
中國選手の卓球の強さにそんな不正があったとはな。
体力を上げる薬物使用などもあるが道具ラケットに不正工作するなんて
中國の過去の戦績を取り消さないといけないんじゃないの
名無し
素晴らしい
名無し
>不正ラバー問題
そういやそんな話もあったな
忘れてた
名無し
支那が反則だのなんだの喚いてたのはいつもの特亜特有の自己投影だったって言うね
名無し
なるほど… 中国からすると目障りだった水谷に負けたから余計にキレたのか
名無し
卓球に興味なんて無かったから、そんな不正が野放し状態だった事を知らなかったけど、この水谷選手はその不正体制と戦ってたのね。
名無し
水谷見直したわ
ただのノーパン男じゃなかったんやな
名無し
中国絡むとこうなるよな
名無し
中国が不正をしないハズがない
名無し
水谷隼の積年の中国退治、ここに完





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.