時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

2021年3月に厚生労働省職員23人が深夜0時近くまで銀座の居酒屋で送別会を催した問題では、テレ朝・玉川氏「(送別会を発案した老健局老人保健課長)が、何でやっていいと思ったのか、そこを聞きたい。課長が会見すべき」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




玉川徹氏、厚労省の深夜の大宴会問題で提言…「課長が会見すべき」

31日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)で、厚生労働省職員23人が24日に深夜0時近くまで東京・銀座の居酒屋で送別会を催した問題を特集した。

 田村憲久厚生労働相は30日の会見で今回の問題を「国民の信用を裏切り、おわびする」と謝罪した。同省は、会を発案した老健局老人保健課長を事実上更迭する人事と田村氏が閣僚給与2か月分を自主返納すると発表した。

 参院厚労委員会に出席した厚労省・土生(はぶ)栄二老健局長によると、送別会は介護保険を所管する老健局老人保健課が催した。同課職員は午後11時まで営業している店を探して予約し、所属する三十数人のうち課長を含む23人が出席。同7時15分スタートで約4時間にわたって、マスクを外して大声も出しながら飲み食いをした。十数人は営業終了後、午前0時近くまで居座ったという。解散後、タクシーを利用して帰宅した職員もいたが、土生局長は「自己負担で支出したと聞いている」と強調した。

スタジオでは、今回の送別会での大宴会は「3月半ば以前に企画があり、緊急事態宣言が解除されることを前提に予約した。宣言解除後に幹事が課長にどうしようか確認したところ、宣言が明けたのでやってもいいのではと言われたと聞いている」と厚労省担当者の発言を紹介した。

 これを受けコメンテーターで同局の玉川徹氏は今回の問題に「課長がなんでやっていいって思ったかなんです。ここをぜひ、聞きたい。課長が会見するべき。官房付になっているだけじゃなくて」と提言した。

https://hochi.news/articles/20210331-OHT1T50055.html

関連記事





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.