明治学院大教授・阿部浩己氏「徴用工&慰安婦、日本の国際法違反が濃厚…『解決済み』は植民地支配した側の論理」~ネットの反応「具体的にどの国際法に違反なの?」「すごいな、大学教授のコメントかよコレw」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

https://biz-journal.jp/wp-content/uploads/2019/07/post_108951_1.jpg
▲韓国の文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

国際法に詳しい明治学院大学国際学部の阿部浩己教授は、「国際法に沿っていえば、韓国併合条約は違法となる可能性があり、徴用工や慰安婦の問題についても同様です。日本政府はこれらの問題に真剣に向き合わなければ、国際的に公正な秩序を構築することはできないでしょう」と語る。国際法の観点から見た日韓関係の問題点について、阿部教授に聞いた。

「植民地支配は違法」が国際常識に
(中略:国際法の観点から見た植民地支配)

――かつての植民地支配に対して、欧米諸国はどう対応してきたのでしょうか。
阿部 基本的に「植民地支配は正しくなかったが、当時は合法だった」「法的な責任が問われないため、公式な謝罪や賠償はできない」という考えです。しかし、「道義的責任がある」としてなんらかの償いをする流れが、ドイツなどにはあります。
一方で、「植民地支配は当時から違法ではないか」という見方もあります。韓国では、日本による植民地支配は「違法に占領されていた」と考えられています。また、ハワイはかつて独立していましたが、1898年にアメリカに併合されてハワイ準州になります。ハワイは「アメリカが合法的に併合したわけではない」と主張しており、1993年11月、アメリカ議会はハワイの併合に至る過程が違法だったと認め、公式に謝罪する両院合同決議を採択しています。

韓国併合は違法だった?
――日韓間では、韓国併合の法的根拠が改めて問われています。
阿部 日本としては、「よくないことをしたが、当時は合法であった」という考え方であり、そのため責任もせいぜい道義的なものにとどめています。一方、韓国は「法的根拠はなく、不法に占領されていた」という認識です。
1910年に韓国併合条約が結ばれ、日本としては「朝鮮半島が日本に合法的に編入されたので法的には瑕疵がなかった」という考えです。しかし、1905年に結ばれた第二次日韓協約で日本が韓国の外交権を剥奪して保護国とした際に、韓国は「国の代表者に対する強制によって強引に条約が結ばれ、国内の条約締結過程にも不備があった」と主張しています。国の代表者を強制して条約を締結させるというのは、当時の国際法に照らしても違法です。
そうなると、第二次日韓協約の正当性にも問題が生じます。同協約を経て韓国併合条約が締結されたわけですから、韓国併合自体に法的根拠がないということになります。

徴用工問題が平行線をたどる理由

――徴用工や慰安婦の問題については、今も日韓間で議論が続いています。
阿部 過酷な状況下での強制労働、未成年女性に性的労働をさせる、あるいは成人女性を騙して性的労働をさせる、というのは当時の国際法に照らしても違法です。仮に植民地支配が合法であったとしても、国際法の禁止事項に抵触する事項が多数あったことは間違いありません。徴用工も慰安婦の問題も許されないことです。

――徴用工に関して、日本政府は「1965年の日韓請求権協定で解決した」という立場ですが、韓国大法院の判決はそれを覆しました。
阿部 植民地支配した側とされた側では、同じものでも見方が違うということでしょう。日本が問われているのは、強者優先の歴史観を続けるのか、それとも強者によって押し潰されてきた声をくみ上げ、公正な秩序を世界に示すのか、ということです。これからは、日本側の視点だけで国際法を運用するようなやり方は通用しません。韓国側の視点も踏まえた国際的秩序の構築が求められます。

(構成=長井雄一朗/ライター)

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/07/post_108951_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

ソース:Business Journal <韓国・徴用工&慰安婦、日本の国際法違反が濃厚…「解決済み」は植民地支配した側の論理>
https://biz-journal.jp/2019/07/post_108951.html

管理人
ネットの反応
名無し
>「国際法に沿っていえば、韓国併合条約は違法となる可能性があり、

相変わらず遡及法バリバリだな
今の法律や倫理観に合わせたら過去の罪世界中てんこ盛りに決まってるわ
名無し
>なんらかの償いをする流れ

相変わらずの曖昧なワードだな
名無し
具体的にどの国際法に違反なの?
名無し
条約を締結しても後日騒ぎだしたら国際法上違法w
名無し
散々論破されたのにしつこいんだよ
名無し
>「国際法に沿っていえば、韓国併合条約は違法となる可能性

これいつの国際法なんだろう?
まさか現在の国際法じゃないよな?
名無し
ほんと日本の文系は腐ってるなあ
理系みたく役に立つことやってみろよ
頭おかしいやつばっかりじゃん
こんな人に学んでいたら学生もこうなっちゃうやつ出てくるぞ
名無し
これが明治学院大の教員か、アベノミクスのお陰で景気が良くて人手不足で
超ヨカッタナ明治学院大生諸君!
名無し
妄想乙
同じことばかり言っていないで、
たまには違う切り口で攻めてみろよw
名無し
>>国際法に詳しい明治学院大学国際学部の阿部浩己教授

東大の中谷先生は全く別の結論を述べている。『韓国の国際法違反は明らか』。
疑うのなら、今年の秋学期の講義を聞いてみれば良い。
どの学問にもいろいろな解釈がるだろう。
しかし、先鋭的な意見もあれば、どうみてもポンコツな学者もいる。
どちらの意見が通説であるか、言うまでもないだろう。
ちなみに、阿部なにがしなんて学者の名前は聞いたことがない。
国際法は山本草二から杉原高嶺あたりを、みんな勉強しているはずだ。

名無し
明治学院大w
スッペチさんの母校ではないかw
さすがの斜め上っぷりだわ!
名無し
こういう名ばかり教授が言いたい放題するから日本がおかしくなる
いらないなこんな大学と教授
名無し
こういういい加減な奴が無思慮に韓国の背中を押すから
我が意を得たりと調子づいた韓国は進んじゃいけない方向に全力で走っちゃうんだよ
韓国滅亡のお手伝い乙て感じ
名無し
まあ、どの時点でなにが国際法違反だったか明示されていない時点で一切説得力なし
名無し
だったら江戸時代の切り捨て御免の被害者全員に補償しろよ
名無し
ツッコミどころ満載過ぎて、どこから突っ込めばいいか迷ってしまうほどだw
名無し
>>成人女性を騙して性的労働をさせる

日本はソレを取り締まってた方なんですけど
名無し
韓国より待遇が下だった台湾やパラオには喜ばれていることが多いのに
どこが違反だったの?台湾やパラオは?
名無し
拗らせてますなあ
名無し
そういう考えは新たな紛争を生むってわからんのか
その為にお互い納得できる解決策を探すんだろ、それか日韓基本条約だ
名無し
この教授の顔見たかったのに、画像は文か
名無し
よくこんなのが教授やってられるな。
明治学院大学の底が知れるな。
名無し
明治学院大ってのはそういう連中の巣窟みたいな大学
名無し
>国の代表者を強制して条約を締結させるというのは、当時の国際法に照らしても違法です。

じゃ、どっか文句言った国があったの?
それに戦争の講和条約のほぼ全てがAUTOになるじゃねーか

名無し
すごいな、大学教授のコメントかよコレw
名無し
国際社会は遡及法で動いているわけではないんだが、こんな非常識なやつを教授にしてて明治学園大学は大丈夫か?
まともな人材が育たないぞ
名無し
明治学園ではない。
明治学院だ!
まぁ、覚える必要もないし、どっちでも似たようなもんだろうけど。
名無し
じゃあ、取り敢えず元寇の賠償を韓、中、蒙に請求するか~ってなっても文句ない?
名無し
清への賠償請求を周辺各国が中国共産党にしても良いのか
胸が熱くなるな
名無し
こういう奴らが韓国にいらん知識を与えて日韓関係に摩擦を起こしてきたんだよな
名無し
向こうが頼んで来たんだけど
最初から話が違うでしょ
名無し
明治学院大学と言えばSEALDsの奥田やないかw
名無し
先生、そんなこと言うと私達明治学院大学の学生が笑われます。
お願いですから荒唐無稽なこといわないでください。
名無し
こういう飯の食い方があるのは否定はしないがね
だが俺は旨い飯が食べたいんだよなあ 
絶対不味いと思うんだよ こういう手段で口にする飯というものは
名無し
その国際法でいえばローマとかギリシャは相当違反してるんじゃないのか
おまけに基本条約とかも金も払ってないんだろ。
あとモンゴルも中国に賠償はしたのか
名無し
うーん分からん
お互い合意した内容で示談書交わしたが
日韓の歴史観が違うから示談書が違法になるって事?
もうちょっと分かりやすく教えてほしい
名無し
お互い合意したけど後世の俺らが納得出来ないから違法ってことよw
名無し
こういうのが日本の一番の敵なんだよな
名無し
>韓国では、日本による植民地支配は「違法に占領されていた」と考えられています。

戦後の北の工作員による洗脳でな。
明治学院??聞いたこともねーなwww
名無し
何を根拠にしてるかと思ったら、案の定何の根拠も無かった

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする