時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

韓国メディア「韓国の自動車登録台数は日本の4分の1なのに、自動車火災発生件数は日本の4.5倍… 運転スタイルや法律が影響か」=ネットの反応「いや、単純に車の安全性の違いだろ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




韓国の車両火災は…日本の4.5倍! 運転スタイルや法律が影響か

韓国の自動車登録台数は日本の4分の1に過ぎないが、自動車火災発生件数が日本よりもはるかに多いことが分かった。1台当たりの火災件数は4.5倍に達する。

最近発表された日本の「2020年消防白書」によると、2019年(令和元年)の車両火災は3,585件で、一日平均10件発生したことが分かった。これは2019年の日本の全火災発生件数である3万7,683件の10%に相当するものである。

日本の車両火災は、2000年の年間9千件をピークに、2016年4,053件、2017年3,863件、2018年3,660件、2019年3,585件と毎年減少傾向にある。
韓国の車の火災は、日本よりもはるかに多い。韓国消防庁の「2020消防庁統計年報」によると、2019年全体の車両火災件数は4,710件でであり、日本より1,125件(31%)多かった。

韓国の自動車火災は、2015年に5,031件、2016年5,009件、2017年4,971件、2018年5,067件と平均5千件を記録しており、2019年には4,704件と多少減少したものの、日本より1千件以上も多い。

しかし韓国の車両登録台数は日本よりはるかに少ない。
日韓の国土交通省資料によると、2019年の日本の自動車登録台数は8,200万台で、韓国の2,368万台より3.5倍も多かった。 100万台当たりの火災件数は日本が43.7台に過ぎないのに対し、韓国は198.6台となり、4.5倍にも達した。

韓国の自動車系メディアなどによると、日本が韓国に比べ自動車運行距離が短いことや、速度制限の有無、韓国の運転スタイルなどが影響しているとみられている。また、製造物責任法(PL法)が1994年に実施された日本に比べ、韓国で同法が導入されたのが2016年と遅かったことも要因とみられる。

https://korea-economics.jp/posts/21082408/




管理人
ネットの反応
名無し
いや、単純に車の安全性の違いだろ
名無し
その火災発生件数を車のメーカーごとに何故発表しない?





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.