時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

<羽鳥慎一モーニングショー> 日本医科大学特任教授・北村義浩氏「ピークアウトした」と断言 「まだワクチン接種を済ませていない世代の感染者の減少が顕著で、ワクチン接種が進んだから、とは考えにくい」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」が7日、新型コロナウイルス新規感染者数が減少傾向にあることを報じ、日本医科大学特任教授・北村義浩氏も「これはピークアウトしたといっていいと思う」と断言したが、その要因については「ワクチンだけでこれだけ急速に下がっているとは考えにくい」と分析した。

 番組では、6日の全国の新規感染者数が8233人とは8月2日以来、およそ1カ月ぶりに1万人を下回り、東京の新規感染者数も968人で7月19日以来、およそ1カ月半ぶりに1000人を下回ったと報じた。

 北村氏は「ずいぶん減少傾向が続いていますので、これはピークアウトしたといっていいと思う。昨日に限って言うと、全国で最も人数が多かったのは愛知県。愛知県だけが1000人を超えていて。首都圏、あるいは関西圏の減少傾向は顕著だが、一部の地域にはまだ減少傾向ではあるものの鈍いという場所もある。ですから全国一律に下がっているわけではない」と現状を語った。

 ワクチンの効果で感染者数が下がってきたのかと聞かれることが多いというが、ワクチンだけではないと説明。「東京の感染者の内訳を見ると、20代、30代、40代、50代といった、まだワクチンがそれほど進んでいないところも減少傾向が非常に顕著。下がりが悪いのは65歳以上の高齢者、それから10歳未満のかなり若い世代、この2つの両極端の世代がなかなか減らず、増えている傾向がある。だからワクチンの効果ももちろんないわけではないが、それだけでこれだけ急速に下がっているとは考えにくい」と解説した。

© デイリースポーツ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.