時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

【衆院選】選挙コンサルタント・大濱崎卓真氏「自民党はやや議席を減らすが、単独で過半数(233議席)を超える可能性」「立憲民主党は解散時の議席を上回る可能性が極めて高い」「山本太郎氏、落選の可能性… 比例の議席獲得も厳しい」=ネットの反応「このニュースいる?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




大濱崎卓真選挙コンサルタント・政治アナリスト

衆院選公示前最終議席予想、自公で絶対安定多数を確保も自民は議席減か

 いよいよ明日19日(火曜)に、第49回衆議院議員総選挙が公示されます。
横浜市長選での与党系候補敗北から菅総理の辞職予告発言、自民党総裁選、そして岸田内閣の誕生と、約2ヶ月もの間大きく動いた政局もいよいよ最終盤を迎えます。

 今回は、公示前最終盤の情勢を鑑みた議席予想を各種情勢調査や現場での取材などをもとに行いましたのでお伝えするとともに、選挙戦全般の見どころについても解説していきます。

■第49回衆議院議員総選挙の政党別・小選挙区比例別議席数予想

 筆者(大濱崎)の、各政党の小選挙区・比例別の予想議席数は以下の通りです。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/oohamazakitakuma/00263581/image-1634476184428.png

 上記の表をもとにすると、自民党が単独で過半数(233議席)を超える可能性があり、また自民・公明の与党で絶対安定多数(261議席/全常任委員会で委員の過半数を確保し、かつその委員会で委員長を独占するのに必要な議席数)を確保する可能性がある情勢です。
ただし自民党は議席を減らす可能性が高いほか、自公で圧倒的多数(310議席/憲法改正や参議院で否決された法案の衆院再可決に必要な議席数)を獲得するには至らないでしょう。
野党は立憲民主党、日本維新の会、日本共産党が議席を増やすとみられています。
社民党、れいわ新選組、NHKと裁判してる党弁護士法72条違反では苦戦するとみられています。

(中略)

れいわ新選組は、党代表の擁立選挙区決定が遅れたことやその経緯から、比例での議席獲得もやや厳しくなっています。

(以下略、全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/oohamazakitakuma/20211018-00263581




管理人
ネットの反応
名無し
全く触れられてないけど国民民主?とかって野党もいなかったっけ?
名無し
麻生「ワロタwww」
名無し
新選組に背乗りしてるのがイヤ
名無し
それな
名無し
何で反体制なのに新撰組なの?
名無し
自民単独で過半数やないか
名無し
立憲と共産が減れば後はどうなってもいい
名無し
このニュースいる?





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.