玉川徹「結局、日本人はちゃんと謝罪してない。韓国が納得するまで謝るしかないと思います」〜ネットの反応「そもそも、何を謝らなくちゃいけないの?」「そもそもさあ、韓国の受けた『被害』って何?」「やつらは戦略として永久に納得しないんだけど?」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ


https://post-tv–asahi-co-jp.cdn.ampproject.org/i/s/post.tv-asahi.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/heisei2.jpg

テレ朝・玉川徹氏 こじれた日韓関係に「被害者が納得するまで謝るしかない」
9/11(水) 12:56配信

 11日に放送されたテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」では、この日の内閣改造について特集した。

 安倍総理は「安定と挑戦」を掲げ、19人の閣僚のうち17人の閣僚を交代させる大規模な人事刷新となる見込み。番組では、この人事が混迷する日韓関係に与える影響について専門家を交え、徹底解説した。

 その中で、政治ジャーナリストの田崎史郎氏と番組コメンテーターの同局・玉川徹氏が激論バトルを展開。田崎氏が新たに内閣について「対韓シフトの強化を」と説明し「韓国が日韓請求協定を事実上破る行為に出ている。日本として、今まで甘やかしていたことから甘えの構造からの脱却を図る、それが政府の考え方」と主張した。

 これに対して玉川氏は「甘えの構造からの脱却の未来に何を見ているんですか? 韓国とずっと対立していくことでいいという未来を見ているんですか」と反論。これに田崎氏は「その先に何があるかは分かりません。それは韓国側がどう変わるかっていうのもある」と応戦するが「韓国は変わらないですよ。人の国なんか変わりようがない」と言い返し、議論は平行線をたどった。

 その後、2人はさらにヒートアップ。玉川氏は輸出管理強化の問題について「徴用工の問題は私は韓国の国内問題だという認識。でもその後で、日本側が経済問題にした。歴史問題は歴史問題だけで、話をしなければダメ」と持論を展開。これに田崎氏が「歴史問題ってなんですか?」とツッコミを入れると玉川氏は「結局、日本人はちゃんと謝罪してないじゃない。政府は公式に謝罪しているけど、その後、要職についている政治家が否定するようなことを述べている状況があるじゃないですか」と説明した。

 するとイラ立つ田崎氏は「じゃあこの後ずっとこういう関係を続けるのかっていうことです」と応戦。これに玉川氏は「加害と被害の関係があった場合には、被害者が納得するまで謝るしかないと思います。そういう態度をドイツは取っています」と言い切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000011-tospoweb-ent

※関連記事
小林よしのり氏「青木・玉川の左翼コンビがまた間違い発言…日本の韓国併合はドイツのポーランド侵略と全く違う」〜ネットの反応「ああ。俺も思った!で、ムカついたからテレビ消した」

管理人
ネットの反応
名無し
>「韓国は変わらないですよ。人の国なんか変わりようがない」と言い返し、議論は平行線をたどった。

じゃあ日本がどれだけ謝罪しても韓国はずっと納得しないということですね
韓国は変わらないということはそういうこと
名無し
あー、こういうのもうたくさんですわぁー
名無し
公式に謝罪してるけどちゃんと謝罪してないってマジで意味がわからない
どういうこと???
名無し
そもそも、何を謝らなくちゃいけないの?
名無し
そもそもさあ、韓国の受けた「被害」って何?
名無し
納得したから合意して条約結んだんじゃん。 まさか納得もしないのに条約結んじゃうの?
名無し
勝手に玉川が謝罪と賠償してろよ。
誰も止めないぞ、どんどんやれ
名無し
まぁ、こう言う馬鹿でも堂々と発言できる日本を誇ろうwww
名無し
お前が韓国に行って一軒一軒謝罪してこい
納得してもらえるまで謝ってこい
名無し
やつら永久に納得しないんだけど?
名無し
何を言っているのかさっぱり理解できないので、韓国人自身にライダイハン相手にお手本を示してもらってください。
名無し
アホの玉川徹をテレビ朝日はいつまで使うのでしょうかw
そもそも、ポーランド侵攻と朝鮮併合を同じにしているアホですよw
名無し
謝罪した歴代首相は日本人ではないという意味?
じゃなくて一人も残さず全員で謝罪して、以後、異なる意見を許すなって意味?
名無し
テレ朝の鳩山w

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする